「大企業病で、思うように働けない…」大企業をやめた理由を聞いてみた

退職の理由は人それぞれ。とはいえ、誰もが知る大企業を自ら退職したとなると、その理由が気になりますよね。

そこで今回は、大企業を入社してすぐに辞めてしまった方に、その理由をこっそりうかがいました。彼らはその後、どのような人生を歩んだのでしょうか。

現在の離職率は

大企業に限らず、どの企業にも退職者は存在するもの。では、入社後すぐに仕事を辞めた人はどのくらいいるのでしょうか。

2018年10月に厚生労働省が発表した「新規学卒就職者の離職状況」によると、「15年3月に卒業し就職した人のうち3年目までに離職した割合」は以下の通りとなりました。

続きを読む

中学卒:64.1%
高校卒:39.3%
短大等卒:41.5%
大学卒:31.8%

こうみると、学歴が高いほど離職率が低くなる傾向がうかがえます。とはいっても、大学卒の3割以上が3年目までに離職しているというのが現状です。大学受験や就職活動の末に入社しても、退職を選ぶ人は決して珍しくないといえるでしょう。

大企業に入社したのにストレスが絶えない理由

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。