価格上昇で注目される金と株式の長期投資、どちらがお得?

株価が下落すると、質への逃避ということで、格付けの高い国債をリスクヘッジとして買うのが従来の国際分散投資のセオリーでした。

ところが、ここ10年は各国の金利が下がりっぱなしで、米国でさえ長期金利が1%台となっています。つまり、何らかのリスクイベントが起こってリスクヘッジしようとしても、リターンが低すぎる債券はもう買えない状況です。では、どうやって株価下落リスクをヘッジすればいいのでしょう。

最近、金が注目されている

続きを読む

ここ最近、メディアでもよく報道されていますが金価格が上昇しています。その背景には株価下落によるリスクヘッジを金で行っている運用会社や投資家が増えてきているとの観測があります。

図表1:過去30年間の金価格推移(米ドル/オンス(約31.1グラム))

拡大する

出典:DATAHUBより筆者作成。期間:1989年6月末から2019年6月末。


図表1からわかるように、確かに金価格は最近の底値から回復してきています。かつ、2019年に入って株価が乱高下する状況では、金が退避資金の受け皿として利用されてもおかしくありません。一部の機関投資家やヘッジファンドが資産の一部を金に運用したとしても、むべなるかなです。

こうした背景もあり、日本でも金に対する関心がじわじわ高まっているようで、お昼のワイドショーなどで金の相場動向を専門家が語ったりしています。

では、本当のところ金は儲かるのでしょうか。

まず、金取引の特徴を見ていきましょう。

  1. 金は現物資産(モノ)です
  2. 金利や配当は付きません(有価証券ではありません)
  3. 金価格は米ドル建てで取引されています(日本で買う場合は円建てですが、米ドル/円の為替レートによって円建て金価格が変動します)
  4. 現物ですので、業者に保管を頼むか、貸し金庫や自宅で保管することになります(保管料がかかるが、自宅に置くのは危険)
  5. 小口だと売買の際、手数料がかかる(1%〜3%、投資信託のような信託報酬はない)
  6. 売却時の譲渡益があった場合は譲渡所得(50万円を限度とする特別控除額あり)となり、給与所得等と総合課税となる

今では、さまざまな金取引業者がスポット買い(不定期にまとまった金額の金を買う)や積立購入(毎月3000円程度から)を提供して、インターネットでの取引も可能になっています。色々な条件は付いてくるものの、金は身近な投資対象になりつつあると言えるでしょう。

株価と比較すると株式のほうが有利!?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
太田 創
  • 太田 創
  • 一般社団法人日本つみたて投資協会
  • 代表理事

関西学院大学卒。1985年、三菱銀行入行。1988年より約10年間、ロンドンおよびサンパウロで資金為替・デリバティブ等の運用、投資信託の管理業務に携わる。
その後、2000年からシティグループ(米)、UBS(スイス)、フィデリティ(米)、GCIにおいて投資信託のマーケティング・商品企画を統括。現在は一般社団法人日本つみたて投資協会・代表理事。
主要な著書には、『ETF投資入門 』(日経BP 2008年)、『お金持ち入門』(実業之日本社 2015年 共著)、『毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資』(かんき出版 2019年)などがある。