ロスジェネの単身世帯の平均貯蓄額はいくら?老後資金対策を考える

社会的に『就職氷河期世代』(ロスト・ジェネレーション)の問題が広く認識されるようになりました。現在、30代後半~40代の人は新卒の時期に景気悪化のあおりを受け、その後、正社員のルートに乗れなかったケースも目立ちます。

「就職氷河期」とはバブル崩壊期(1993年)から約10年ほどの時期。好景気から一気に転落した時期に就職活動を迎えた世代は「就職氷河期世代」と称されています。さらに追い打ちをかけるように年金不安が高まっている中、40代のお金事情についてデータから見てみましょう。

続きを読む

40代の貯蓄はどのくらい?

40代の貯蓄状況を他の世代と比較してみましょう。総務省発表の「家計調査報告(貯蓄・負債編)-平成30年(2018年)平均結果-(二人以上の世帯)」によると、40代の1世帯あたり貯蓄現在高(預貯金のほか、保険や有価証券などの金融資産を含む)の平均値は1012万円です。

世代別の1世帯あたり貯蓄現在高平均値
40歳未満:600万円
40歳代:1012万円
50歳代:1778万円
60歳代:2327万円
70歳以上:2249万円
【全体の平均値1752万円】

40代は教育費や住宅ローンなどの支出要因も抱えており、全体の平均値と比較すると大幅に下回っていることが分かります。

40代の金融資産…「2人以上世帯」と「単身世帯」でも差が目立つ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。