毎月10万円を貯めている人に聞いた!「今の収入のまま貯金額をアップするコツ」

現状より貯金のペースを上げるには、収入を増やすしかないと思ってはいませんか?たしかに収入が上がった分をそのまま貯金に充てれば、簡単に貯金のペースをアップさせることができます。しかし、思うように昇給や昇格ができないケースもあるはず。そんなときは、収入アップに頼らずに貯金を増やす工夫をしてみましょう。

そこで今回は、毎月10万円以上を貯めている人に「貯金のコツ」をうかがいました。彼らは、どのような取り組みによって貯金のペースを保っているのでしょうか。

続きを読む

お金に対する意識を高める

今の収入のままで貯金のペースを上げるということは、支出を抑えて貯金に充てるお金を増やさなければなりません。つまり、生活水準や金銭感覚を変える必要があるのです。

貯金が得意な人は、「そもそもお金のことが好き」という特徴があります。だからこそ、お金を大切にしよう、手元に置いておこうと思うのでしょう。できるだけ無駄遣いを減らそうと、クーポンや節約情報を積極的に活用する傾向も見られます。

そこで、まずはお金に対する意識を改めることから始めてみましょう。「太っ腹だと思われたい」「ケチな性格は恥ずかしい」という考えを取っ払うのも大切です。節約に対しては、「ケチっている」「我慢している」ではなく「お金を大切にしているだけ」と捉えておきましょう。

家計の状況を知る

お金に対する意識が高まったら、家計簿をつけて支出の状況を確認しましょう。毎月なににいくら使っているかを把握することで、現状を客観的に判断できるようになります。貯金を増やそうと決心したら、すぐに家計簿をつけ始めましょう。

1~2カ月続けているうちに、自分のだいたいの傾向が分かってくるはず。使い過ぎている項目が判明したら、その部分を徹底的に見直します。少なくとも、月に1度は家計簿を振り返るようにしておきましょう。

手書きが面倒に感じる方は、家計簿アプリを利用するのもいいですね。なかには、レシートをスマホで読み取るだけで家計の管理ができるアプリもありますよ。自分に合ったスタイルで、継続的に家計簿をつけていきましょう。

固定費にも着手する

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。