毎月10万円の貯蓄はふつう?家計の黒字率は上昇傾向!やめるべき&するべき貯蓄法

「自分の貯金は周囲よりも多いのか少ないのか…」と気になった経験はありませんか?とはいえ、友人や同僚から貯金額を聞きだすのも気が引けますよね。

そこで今回は、世間の貯金事情やお金を貯めるコツをお伝えします。なかなか貯金のエンジンがかからない方も、この機会にスイッチを入れておきましょう!

世間の1カ月当たりの黒字額は?

まずは「家計調査報告[家計収支編]2018年(平成30年)平均結果の概要」から、「2人以上世帯のうち勤労者世帯における1カ月あたりの黒字額」をチェックしていきます。

続きを読む

「黒字」額とは

黒字額とは、可処分所得から消費支出を引いた額になります。

• 実収入-非消費支出(税金など)=可処分所得(手取り収入)
• 可処分所得-消費支出=黒字

この黒字の中から貯金をしていくことになります。また、「家計調査」では「消費支出」について、住宅ローンなどの返済金等を含まない消費分の支出として算出しています。

家計の黒字率は30%超!

• 可処分所得=実収入55万8700円-非消費支出10万3600円=45万5100円
• 黒字額=可処分所得45万5100円―消費支出31万5300円=13万9800円

このデータから、2人以上の勤労者世帯の手取り収入は45万5100円、「黒字」の額は13万9800円であることが分かります。可処分所得に占める黒字額の割合は

• 13万9800円/45万5100円=約31%

2人以上の勤労者世帯では、毎月の手取り収入の約31%が黒字分ということになります。

これは2017年の黒字率約28%を上回る数値です。家計の黒字率は増加傾向にあるようです。

毎月10万円貯めるためにしたいこと

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。