スキルが必要な「いつまでも可愛い嫁」に疲れた…維持に苦戦する妻たち

嫁姑関係をうまく乗り越えるためにも、いつまでも「可愛い嫁」でいたいもの。しかし、姑からの好感度を保ち続けるのは、そう簡単ではないようです。

可愛い嫁でいるには、一体どのような苦悩が待っているのでしょうか。妻たちの実体験をみていきましょう!

甘え方に苦労するケース

可愛い嫁なら、姑にうまく甘えるスキルが必要です。しかし、一歩間違えると「甘えすぎるワガママな嫁」と捉えられる可能性も。姑にお願いしてもいいパターンと、それ以外の境界線を聞いてみましょう。

続きを読む

・「近所に住む姑に、保育園の送迎などを頼んでいました。姑は積極的に手伝ってくれていたので、私は大助かり。しかし、体調を崩している子どもの看病だけはダメでした。

調子の悪い子どもは、1日中グズりっぱなし。さすがに姑もお手上げ状態だったようです。そのせいで、姑からは嫌味をいわれたことも…。それ以降、姑を頼るのは子どもの調子がいい時だけにしています」

・「2人でランチをしたり、誕生日プレゼントをもらったりと、姑とは本当に仲が良かったんです。姑も、『娘ができたみたいだわ』と嬉しそうでした。

ところが、ある日夫の女性関係で夫婦げんかに。『姑なら私の気持ちを理解してくれるはず』と思って相談したら、反対に『息子を信用できないの?』と言い返されてしまいました。それからというもの、なんだか妙な空気が漂っています」

たとえ姑と親密な関係でも、何をしてもいいという訳ではありません。「これぐらいなら大丈夫かな」と甘えすぎていると、せっかくのいい関係にひびが入ってしまうことも。ときには遠慮して、適度な距離感を保っておきましょう。

小姑との関係に苦戦する人も

姑だけでなく、小姑との付き合い方に頭を悩ませている人もいるようです。なかには、ブラコンのような小姑に振り回されているケースも。その苦労話をうかがいました。

・「義妹は、私の夫である兄を溺愛しています。毎週のようにわが家へ来ては、ご飯を食べて夫の部屋で寝泊まり…。ちょっと考えられません」

・「40歳独身、実家暮らしで家事は母親に頼りっきり、挙句の果てにお金をねだるという義姉がいます。そんな義姉は、義両親が私の娘を可愛がっているのが気に入らないみたい。

『子どもを連れてくるな』と言い放ったり、『私以外で集まるなんて許せない』と怒ったり…。この先、どうなるか不安でたまりません」

夫を愛しすぎているのも、こちらに敵対心を抱いているのも辛い状況ですよね。あまりに厄介な相手なら、距離をおく手段も視野に入れておきましょう。

子育ての認識の食い違いにモヤモヤ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。