手軽にできるイマドキ節約術とお金の使いすぎを減らす管理法

お金を貯めるために節約は基本。ただ、「やってはいけない節約」というものもあります。せっかく節約しているのに効果を感じられなかったり、将来的に損するようなことがあったりしたら嫌ですよね。使いすぎが減るお金の管理の仕方や誰にでもできる手軽なイマドキ節約術を紹介します。

かえって損するかも!? やってはいけない節約とは

目標を決めずやみくもに節約

明確な目標を決めないままに節約を始めると、途中で挫折したり、節約のストレスの反動で散財してしまうことも。そのため、「何のために節約するのか」「節約して何にお金を使うのか」を決めてから始めましょう。何か誘惑があった時にも、その目的を思い出せば我慢できますよね。目標があればモチベーションも保ちやすいものです。

続きを読む

自分のスキルアップをあきらめる節約

いくらお金を使いたくないからといって、自分のスキルアップをあきらめるような節約は考えものです。たとえば、資格取得のための費用をケチることで将来のリターンを減らしてしまう可能性があります。こうした出費は、自分のためになると思うならば、あきらめるべきではありません。

一方、いくら自分磨きだとしてもネイルやエステなどの出費は本当に必要なのかをよく考え、使いすぎには気をつけましょう。

お金の管理方法を変えれば使いすぎは減るはず!

お金に無頓着だという人は出費が増えがちなもの。その場合、お金の管理の方法を変えれば使いすぎが減る可能性が高まります。たとえば、1カ月に使う生活費をあらかじめ決めておき、食費や交際費などのお金の予算を週単位に分けます。

毎週その範囲で生活できるように調整するためにも、予算以上のお金は財布に入れないようにしておき、もしやむをえない理由で予算をオーバーした場合は、その次の週にリカバリーできるようにしましょう。

また、「クレジットカードだと気が大きくなってついつい使いすぎてしまう」という人は、毎月の収支が黒字化して貯金が安定的にできるようになるまではクレジットカードの利用を控えるようにすると使いすぎを防止できます。

誰でも手軽に始められる節約術

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。