子ども向け番組や温泉での混浴…子育てにおける「これっていつまで?」

小さい頃、子ども向け番組を観ていた記憶はありませんか?大人になった今、「子どもが毎日欠かさず観ている」という家庭もたくさん存在していることでしょう。

ところで、「子ども向け」というのは何歳ぐらいの子を想定していると思いますか?今回は、そんな明確に定められていない「子育てにおける年齢の基準」を考えてみましょう。

「おかあさんといっしょ」を見ているのは何歳?

子どもたちが大好きな番組のひとつ、「おかあさんといっしょ」。小さな子が食い入るように観ている家庭も多いようですが、どの年代ぐらいまでの子が楽しんでいるのでしょうか。実際に観ている子どもたちの年齢や、その様子をみてみましょう。

続きを読む

・「2歳の息子は、『ブンバ・ボーン』を夢中で踊っています。その姿がすごく可愛くて、思わず両親に動画を送っちゃいました」

・「私が忙しいときに3歳の娘が集中して観てくれるので、いつも大助かりです」

・「土曜日に放送される内容は親子で取り組むものが多いので、4歳の息子と夫が一緒に楽しんでいますよ」

・「不登校になっていた小学6年生の息子が、『ぼよよん行進曲』を聞いて『学校に行こうかな』といってくれました。歌詞が息子の心を動かしたようです。そのあと、だんだん登校できるようになりましたよ」

2歳から踊りを楽しんでいる子もいれば、小学生になって歌詞に影響を受けている子もいるようです。「おかあさんといっしょ」の魅力的な音楽や踊りは、何歳になっても惹きつけられるものがあるようです。

女湯に男児…はいつまで許される?

続いては、温泉にまつわる疑問についてみてみましょう。温泉に行って、「ママが男の子を連れて女湯に入る」という光景を目にしたことはありませんか?

そこで浮かび上がるのが、「何歳までなら混浴してもいいのか」という疑問。周囲の人は、どのような考えをもっているのでしょうか。

・「5歳までなら許せる。とはいえ、できるだけ男の子は遠慮してほしいな」
・「小学3年生くらいになったら、ちょっとやめてほしい」
・「9歳くらいまでなら平気」
・「もし小学生の友達同士が遭遇したら、気まずくなってしまうだろう」
・「下心がないなら、何歳でも大丈夫です」
・「シングルマザーもいることだし、年齢だけで区切れない」

たしかに、年齢制限があると息子がいるシングルマザーは入浴できなくなってしまいますよね。なお、混浴の年齢は自治体によって定められています。事前に確認しておくようにしておきましょう。

何歳になっても愛情は必要

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。