年収1000万円でも意外とキツイ!?「1年で100万円貯める」ためにやめたい4つのこと

「高収入」のひとつの基準といえば、年収1000万円。ひとつのハードルとして目標とされている人も多いのではないでしょうか。

しかし年収1000万円あったとしても、年間100万円の貯金をするのは実は結構大変。貯金は日々の習慣の積み重ねなので、単純に年収が上がれば増える、とは言い切れないのですね。

そこで今回は、1年で100万円貯めるためにやめたい4つのことを紹介します。

「年収1000万円」は給与所得者の4% でも手取りは700万円台!?

続きを読む

年収1000万円と聞くと、「稼いでいるな」というイメージを持つ人は多いでしょう。それもそのはず、国税庁が2018年9月に発表した『平成29年度民間給与実態統計調査結果』によれば、年収1000万円以上の人は給与所得者全体のわずか4%強。かなりの少数派です。

ただし、年収1000万円から税金や社会保険料などを引くと、実質の手取りは700万円台となるのが通常(居住地や家族構成によっても異なります)。とはいえ、サラリーマンは厚生年金も手厚いですし、先にその分を払っていると考えれば安心感もあり、手取りで700万円台あれば、生活にもそれなりに余裕が持てそうですよね。

しかし収入が増えれば、その分だけ支出が増えてしまうのが人間の性。普段から“ちょっと良いもの”を好むようになったり、高級ブランド品や車、住宅などにもお金をかける余裕が出てくるため、年収1000万円あっても、年間100万円の貯蓄ができないというケースも少なからず見受けられます。

年間100万円貯めるために、今すぐにやめたい4つのこと

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。