「育児を認めて…」承認欲求がSNSに現れたら注意!プラスになる利用方法

ネット上で多くの人と繋がることができるSNS。なかには、育児について語り合う「ママアカウント」を作っているママもいるようです。さらには、そのSNSの繋がりで救われたというケースも。そこで今回は、子育てに悩むママたちがSNSで救われたシーンや注意点をお伝えします!

SNSでママが救われた瞬間

子育て中のママは、なにかとストレスを抱えることも多いもの。そんなとき、SNSでどのように救われたのでしょうか。実際にSNSを利用した経験があるママに、当時の様子を振り返ってもらいました。

続きを読む

・「妊娠中にママアカウントを作り、出産予定が近い人をフォローしていました。そして産後1か月になったころ、夜中の授乳中に大きな孤独感に襲われたのです。『真夜中にこんな気持ちを抱えているのは私ぐらいだ』と思うと、ますます落ち込んでしまいました。

しかし、ふとツイッターで『夜中3時。今日で3回目の夜勤…眠すぎて訳が分からない』という内容を投稿。すると、「私も授乳中です!眠いですが、お互い夜勤を乗り越えましょう!」と返信がきたのです。タイムラインには、同じく授乳や夜泣きで悩んでいる人のコメントも並んでいました。

どの内容も、子育てに対する苦労や辛さを語っているだけ。それなのに、『私だけでなく、みんな辛いんだ』と勇気づけられたのです」

・「ママアカウントはママ同士だけで繋がっているので、『それ分かる!』と言いたくなるようなつぶやきがたくさん。『夫が家事や育児を手伝ってくれない』『姑のお節介が迷惑』といった愚痴を、心置きなく聞いてもらえます。それに、同じ悩みを抱えているママから『相手にこう伝えてみては』などのアドバイスをもらうときもありますよ」

同じ立場のママたちだからこそ、悩みを理解し合えるようです。子育て中のママたちが陥りやすい孤独感も軽減されるため、SNSは心強い存在になってくれるでしょう。

SNS上での承認欲求に要注意

ママたちの心の支えになるSNSが、反対に負担となってしまうケースもあるようです。その原因は、「ほかのママからの『いいね!』が欲しい」「私の育児を認めてもらいたい」という承認欲求。周りから褒められたいという気持ちが強くなり、ママが必要以上に頑張りすぎてしまう場合もあります。

その結果、「ちょっとした部屋の散らかりが許せない」「手の込んだ料理を用意しないといけない」といった思い込みが発生し、ストレスの源になってしまうことも。「ここまで頑張らなくていいのかも」と感じたら、周囲の反応は一旦忘れて、自分の思うままの時間を過ごしてみましょう。

生の言葉で救われたケースも

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。