「ヒラがいちばん」と考える会社員たち、その理論は正しい?

「ヒラ社員」と聞くと、「まだ新人なのかな」「出世できなったのかも」と捉えられる傾向があります。思わず「早く出世しなよ」と声をかけたくなる人もいるのではないでしょうか。

しかし、なかには「ヒラ社員のままでいたい」と自ら希望する人もいるようです。出世を望まない人たちには、どのような事情があるのでしょうか。その本音に迫ってみました。

「働き方は人並みで十分」は60%!新入社員の意識調査結果

日本生産性本部と日本経済青年協議会は2019年6月、『平成30年度 新入社員「働くことの意識」調査結果』を発表しました(調査期間は19年3月12日~4月30日、19年度新社会人研修村に参加した企業の新入社員が対象。有効回収数は1644人)。

続きを読む

「人並みで十分」か「人並み以上に働きたいか」との問いに対して、「人並以上」が31.3%、「人並みで十分」が61.6%となりました。「人並み以上」は調査開始以来(1969年)過去最低レベルに低下し、「人並みで十分」は過去最高を記録しました。

また「どのポストまで昇進したいか」との問いに対して、最も多かったのは「どうでもよい」(17.4%)という結果に。「社長」という回答は10.3%となり、過去最低となりました。「役職にはつきたくない」(6.5%)と「どうでもよい」を合わせると、23.9%に達します。

「出世したくない」という考えに隠された本音

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。