お金と恋愛で後悔したくない! 金融OLがやめた悪い習慣

誰でも、「あのとき、ああすればよかった」「あのとき、あんなことしなければよかった」と思いたくはないですよね。そうは言っても、どうしても後悔してしまうことはあるものです。特に、恋愛とお金のことに関しては。そこで今回は、金融業界で働く女性たちが、恋愛とお金で後悔しないためにやめたことをご紹介します。参考にしてみてくださいね。

「誰かが告白してくれる」という妄想はやめる

ある都市銀行で働く30代のAさんは、「ずっと無意識のうちに、誰かが告白してくれて付き合って、そのまま結婚するものだと漠然と思っていた」と言います。20代から30代になったときに、Aさんには付き合っている恋人もおらず、ただ毎日気ままに女友達と合コンへ行ったり女子会をしたりして遊んでいました。

続きを読む

しかし、30代になってすぐの女子会である友達が、「私、王子様が現れると思い込んでいる節があった」と話し始めたのです。最初はAさんやほかの友達も「そんなわけないでしょ」と茶化しましたが、よくよく考えると自分も「どこかで出会った誰が自分を好きになってくれて、告白されて付き合うものだと思っている」ことに気が付いたのです。

その発想は、自分から行動するとか、アプローチして好きになってもらうために努力することを考えておらず、自分があくまで「選ばれる側」という認識だったと気づいてAさんは愕然とします。選ばれる側に立つということは、品定めされるということ。こちらが「選ぶ側」に立つことで、その後の交際でも自分が主導権を握って行動でき、2人の関係を作っていくことができるのだと思ったと話してくれました。

「仕事を辞めること」を考えるのをやめる

ある対面証券会社で働くBさん。彼女は仕事を辞めることを考えるのはやめようと思ったのだそう。彼女の勤める証券会社では、女性社員は20代後半から30代前半にかけて結婚、出産のために仕事を辞めていきます。証券会社でありがちな話ですが、激務でとても結婚生活や育児と両立できそうにないと、退職する人も多いのです。また、同じ会社の人など高収入な相手と結婚できることも多いため、寿退職してしまうという理由もあります。

そんな環境の中で、Bさんも当たり前のように「結婚してさっさと仕事を辞めよう」と考えていましたが、あるとき友人の泥沼離婚の話を聞いたのです。先輩社員が同じ会社の上司と結婚していたのですが、夫が不倫。そして当然離婚となったわけですが、結婚して寿退職した先輩社員が、証券会社で営業としてバリバリ働いていた経験が評価され、ほかの証券会社に再就職したという話でした。

「結婚しても安泰なわけじゃない」という当然のことを、急に現実として突きつけられたような気分になったというBさん。「今の会社はそれなりに仕事の勝手もわかってきて居心地も悪くなく、仲のいい同期がたくさんいるので他の証券会社に再就職するよりは今の会社にいたいと思った」のだそう。

会社として産休育休の制度はありますし、利用して職場復帰する先輩社員も何人か見ていたので、そういう選択をするのはリスクを見据えてのことだったのかと納得したBさん。「仕事を辞める」ことを考える選択肢はなくなったそうです。

お金のために残業ばかりするのはやめる

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 大塚 ちえ
  • コラムニスト/ファイナンシャルプランナー

AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)資格保有。新卒から一貫して証券会社に勤務し、国内株やFX、CFD、先物・オプションなどデリバティブ商品の営業企画に従事。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。「くらしとお金の経済メディア LIMO」のほか、「Mocha」「DRESS」「CHANTO WEB」などに執筆。