3人に1人が「100万円以上」を貯蓄目標に! お金が貯まらない人が見直すといいのは何?

将来のためにお金を貯めなければいけないとわかっているものの、日々忙しく過ごしているとなかなか貯金のことまで考えられませんよね。でも、結婚して子供を持つにしろ、独身を続けるにしろ、住居費や老後の資金などお金の心配は常につきまといます。

そのためには、早いうちからしっかり貯蓄をしていくに越したことはありません。では、みんなはどのくらい貯蓄をしようと思っているのか、どうやったらお金を増やすことができるようになるのか考えてみましょう。

続きを読む

新年度の平均貯蓄目標額は257万円!

㈱ジェーシービー(JCB)が2019年3月に発表した「キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2019※」。それによると、新年度(4月から)の目標でもっとも多かったのが「貯蓄」(38%)。貯蓄目標額を100万円以上とした人の合計は34.6%で3人に1人。また、目標0円という回答を含む平均額は257.2万円という結果でした。

しかし2018年の1年間で増やせた貯蓄額を聞いたところ、もっとも多かったのが「0円」で40%を占めており、平均額は57.2万円。意気込みがあっても、実際はなかなか貯蓄できない人が多いようです。

※全国の20歳から69歳の男女が対象のインターネット調査、有効回答数は1000サンプル

お金を貯めるために見直すべきポイント

お金を貯めるためには、「節約する」か「収入を増やす」ということが考えられます。収入を増やすには転職や副業が考えられますが、すぐ実行するのが難しいのならば、今のお金の使い方を節約モードにスイッチしていくことから始めましょう。実践しやすいスイッチ法を紹介します。

外食中心の生活から自炊にスイッチ

自炊に比べると外食はどうしてもコストがかかってしまいます。たとえばお昼ご飯に1000円のランチを毎日食べに行けば月20回で万円です。それにプラスして飲み会などに行けば外食費だけで月5万円を簡単に超えてしまうでしょう。これを自炊に切り替えて、お昼もお弁当持参にするとかなり食費をカットすることができます。

全く外食をしないとストレスが溜まるという人は、月に何回までとか、いくらまで使うとあらかじめ決めて、それ以外は自炊するようにしてみましょう。

本当に必要なサービスだけにスイッチ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。