義母「ミルクなんてかわいそう」…夏の帰省ブルーも深刻です

帰省にネガティブなイメージを持っている人は、意外と多く存在します。実家や義実家が好きな人にとって、「帰省したくない」という気持ちは理解しにくいかもしれません。そこで今回は、帰省に対して消極的な方々の本音に迫ってみました!

義実家でイヤな思いをしたケース

夫にとっては実家でも、妻にとっては他人の家。義実家への帰省は、妻のストレスの源になっているケースもあるようです。「義実家に帰りたくない」と感じている妻の事情を聞いてみましょう。

続きを読む

・「母乳が出ないことに悩んでいたら、姑に『ミルクなんて可哀そうだわ』と言われました。どうしてミルクじゃダメなのか、私には理解できません」

・「これまで、なにかと姑には配慮してきたつもりでした。義実家にはこまめに行ったし、わが家にも頻繁に招待したし、『実の娘のように遠慮しないでください』と告げたこともありました。それなのに『私たちは他人ですからね』と言われ…もうなにもする気が起きません」

・「舅が何度も『また太ったな』と言ってきて、うんざりしています。頑張ってダイエットしても、私を相撲取りのように扱ってきてイライラ。夫はフォローしてくれないし、もう離婚したいとさえ感じています」

相手が義両親となると、「そんなこと言わないで!」と強く言い返すこともできません。夫からの助けがない場合、妻側にはイライラが募る一方のようです。

実家への帰省がイヤな人も

他人の家である義実家だけではなく、自分の実家に帰りたくないという人もいるようです。その理由を聞いてみましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。