年間150万円貯める人が教えてくれた「貯金を成功させるのに一番必要なこと」

あなたは毎年いくら貯金ができていますか? 順調に貯金できているという人もいれば、全くできていない…と思う人もいるのではないでしょうか。ただ、貯金はちょっとしたコツが必要なもの。逆に言えば、そのコツさえ掴んでしまえば誰でも無理なく貯金ができるようになるものなのです。

そこで今回は、年収400万円ながらも年間150万円をコンスタントに貯金しているという30代女性Aさんに「貯金を成功させるためのステップ」を教えてもらいました。

続きを読む

貯金のモチベーションを維持する方法を見つける

Aさんが貯金を始めるにあたって、まず考えたのが「モチベーションを維持する方法」だったと言います。それは、Aさんがこれまで貯金に失敗してきた原因が「モチベーションを維持できないこと」だったと感じたから。

貯金に対するモチベーションか維持できなければ、当然「日々の無駄遣い>貯金」となってしまい、貯金への意識が遠ざかります。Aさんにとっては、貯金は老後の蓄えがメインで、せっかく貯めたお金の用途をイメージしても、あまりワクワクしなかったのだと言います。

貯金してもいいことがない、ワクワクするようなことに使うわけではないと思うと貯金に対するモチベーションが下がってしまいますよね。ある意味、老後にお金がなくて困るのがイヤだから「仕方なく」お金を貯めようとして失敗していたのです。

しかし、それではダメだと思ったAさんは、なにかワクワクするような目的を持って貯金するようにしたと言います。それは、漠然とした「老後の蓄えのため」という目標ではなく、「老後は大好きなロンドンかスイスで悠々自適に暮らしたい」と、より具体的なイメージを持つことでした。

その夢をかなえるため、英語の勉強も同時に進めていたAさん。彼女の場合、日常会話程度なら話せたものの、暮らしていくには不十分だと感じたと言います。このように、最終的な目標を達成するために、貯金を勉強やその他のやらなければならないことと同時並行で進めるのもモチベーションを維持するには非常にいいことですよね。

さらに彼女はその夢を忘れないよう、手帳にロンドンの写真を挟み込み、スマートフォンの待ち受け画面はスイスの晴れやかな山の写真に変更。毎日、目にするところにも写真を置いていつも見られるようにし、自分のモチベーションを高めているのだと言います。

お金を管理する時間を決める

Aさんが英語の勉強と貯金を始めたときに、もう一つ始めたことがありました。それは早起きです。毎日5時に起きるようにして、英語の勉強と毎日のお金の管理をするようになったと言います。

具体的に言えば、お金の管理は「昨日はいくら使ったか」から始まり、今週はどれだけ使ったか、今月はどれだけ使ったか、残りのお金はいくらなのかということをチェックしていきます。

思いがけぬ出費があったときには、それをしっかりと手帳やカレンダーにメモ。そして家計簿に書き込んでその後数週間は自粛モードで過ごすと話してくれたAさん。

負けず嫌いな性格もあって、「今月は9万円貯金しよう」と思っていたとしても、なんとかやりくりして10万円貯金してみることも多いと言います。「自分が決めた目標に甘んじて、その金額を目指すというよりは、常に目標を上回る成果を出したいと思った」と話します。

朝早く起きて、この作業と英語の勉強をすることによって、より夢に近づいている感じがして貯金のモチベーションを維持できたというAさん。目標を達成するために必要な貯金以外のことも同時に始めるといいのかもしれませんね。

成果を報告できる人を探す

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

FP保有の金融系ライター。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。