お金がない老後は避けたい!これならできる家計の見直し術

老後資金の増やし方は、コツコツと貯金をするだけではありません。ある程度お金がたまったら、投資に挑戦してみるのもいいでしょう。ただし、投資にはリスクも伴います。自分の考えを基に、「貯金だけで老後に備えていく」「貯金と投資を並行していく」などの選択をしていきましょう。

ただし、大切なのは「投資の仕組みや経済の状況などを知っておくこと」です。投資をする、しないにしろ、経済に関するある程度の知識を身につけておきましょう。普段から経済の情報に目を通しておくと、だんだん興味がわいてくるかもしれませんよ。

また、iDeCo(個人型確定拠出年金)を利用する手もあります。iDeCoには節税効果があるため、資産形成をしながら税金を抑えられるメリットが得られます。NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)やつみたてNISAといった制度も踏まえながら、自分に合った資産形成の方法を見つけてくださいね。

まとめ

老後に向けた貯金は、長続きさせることが重要です。無理な貯金計画を立ててしまうと、途中で家計が成り立たなくなってしまいます。いきなり大きな目標を立てるのではなく、まずは家計の現状を見直し、どこに改善の余地があるのかを探してみてください。

また、ちょっと視野を広げて、経済の情報に目を向けてみるのもいいでしょう。「よく分からないから投資はいいや」と諦めるのではなく、株や投資信託の仕組みを理解したうえで判断できるといいですね。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。