晩婚カップルが直面する可能性高し!「ダブルケア」ってなんだ?

copy URL

家族で今後のことについて話し合う機会をもつことが何よりも大切です。育児や介護は一人で行なうことではなく、家族みんなで対応する問題だと再認識することができるでしょう。

特に介護については、ある日突然必要になることがあります。「まだうちは大丈夫!」ではなく、早め早めに考えるようにしましょう。

具体的には、次のようなことを話し合うことをおすすめします。

・兄弟姉妹をはじめとした親戚内での役割確認
・介護の場合、在宅もしくは施設入居を希望か
・必要な費用のシミュレーション
・利用できる行政サポート
・民間サービス
・時短や在宅勤務など働き方

まとめ

将来のお金や負担のこと。家族の前で、改めて口に出すのは気が進まないなと思う人もいるかもしれません。でも、いざというときに慌てないように、やはり話し合いの機会を持つことが大切なのです。

そして、もしダブルケアを行なうようになった時にサポートを求めることができるよう、普段からの家族や職場、そして近所の方々とのコミュニケーションを大切に過ごしましょう。

華山 あずさ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

キャリアコンサルタント(国家資格)保有のライター。企業での人事部勤務経験を活かし、転職やキャリアアップなどキャリア関連の記事を執筆。