独身の4割は将来に備えた蓄えなし!?貯金の基本は「見えない」コストの削減

「収入が少ないから」という理由で、つい貯金を後回しにしていませんか?たとえ高収入でなくても、ちょっとした工夫で貯金を増やすことができます。その気になれば、1年間で100万円を貯められる可能性だって十分ありますよ。

そこで今回は、貯金初心者の方でも100万円貯められる貯金のコツをご紹介しましょう!

独身世帯の貯金額は?

そもそも、周囲の人はどのくらい貯金しているのでしょうか。金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]」(2018年)から、独身世帯の貯金状況をチェックしてみましょう。

続きを読む

この調査の結果、単身世帯の金融資産の保有額は平均744万円でした。なお、「金融資産」とは「定期性預金・普通預金等の区分にかかわらず、運用の為または将来に備えて蓄えている部分」を指します。

ただし、平均値は一部の富裕層の影響を大きく受けてしまいます。そこで、保有額の少ない(多い)順に並べて真ん中に位置する「中央値」もみておきましょう。

同調査の結果、中央値は50万円となっています。こうみると、「1年で100万円を貯めることは決して簡単ではない」ということがうかがえます。

また年代別の平均と中央値は以下の通りです。

     平均    中央値

20歳代:128万円   5万円

30歳代:317万円   40万円

40歳代:657万円   25万円

50歳代:1043万円  100万円

60歳代:1613万円  500万円

20歳代の中で金融資産を保有していない世帯は45.4%と、半数近くが金融資産を保有していません。そのため中央値も5万円と低めです。また、全世帯のうち金融資産を保有していない世帯は38.6%と約4割にも及びます。

(金融資産を保有していないとは、各問いで「金融資産をいずれも保有していない」を選択した世帯と、「預貯金のみ」を選択し「預貯金の合計残高」の「うち運用または将来の備え」がゼロと回答した世帯のこと)

また金融資産非保有世帯のうち、預貯金の合計残高で回答があった世帯の平均値は以下の通りです。

全世帯:185万円

20歳代:97万円

30歳代:168万円

40歳代:108万円

50歳代:262万円

60歳代:372万円

いつ何があるか分からない世の中です。少しずつでも将来のための蓄えをしておきましょう。以下では、貯金の基本やコツについてご紹介しています。参考にしてみてください。

貯金における2つの基本

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。