金利に対する理解力の弱さが目立つ高齢者~金融リテラシークイズの結果から

高齢者のお金に関する「生活力」

リテラシーという言葉は「読解記述力」とか「識字力」といった意味を持っており、金融リテラシーといえば、単なる金融知識ではなく、お金に関する「生活力」と理解する方がいいように思います。

その力を推し量るのは簡単ではありませんが、2016年に金融広報中央委員会が行った「金融リテラシー調査」では、多角的な分析がなされています。その内容は、「知るぽると」に収載されていますので、詳しく知りたい方はご参照願います。

続きを読む

ところで、この調査の中で行われている、金融リテラシークイズをフィデリティ退職・投資教育研究所が2018年12月に実施した高齢者の金融リテラシー調査(回答者65歳から79歳までの1万1960人)でも取り入れて、その水準と他の設問の結果をクロス分析しています。

金利に対する理解が不足している高齢者

5つのクイズは選択問題で、正解に20点ずつの配点をして、合計を計算します(下のグラフを参照)。1万1906人の平均点は56.3点で、金融広報中央委員会が行った調査の結果(60代で58.6点、70代で56.7点)と整合的でした。

ちなみに、金融広報中央委員会の調査では18歳以上で実施しており、年代別の得点は、18歳から29歳までの平均は41.7点、30代が48.4点、40代51.2点、50代56.5点でした。年齢が上がるほどに点数が上がっており、明らかにお金に関する「生活力」は年齢とともに高まっていることを示しています。

その一方で、高齢者が「金利」に対する「生活力」が低いこともわかります。フィデリティ退職・投資教育研究所の調査結果で、5つのクイズの正解率をみると「契約トラブルへの対応」が75.8%と高く、「金利上昇時の運用・借り入れ」が41.0%と最も低くなっています。

特に金利に関しては単に、「金利上昇時の運用・借り入れ」と「複利の理解」の正解率が低いというだけではなく、その2つに関する「わからない」との回答が多いことが気にかかります。

高齢者にとって、「金利」をしっかり理解できることは、「金融リテラシー」を向上させるための重要なポイントといえます。

拡大する

出所:フィデリティ退職・投資教育研究所、高齢者の金融リテラシー調査(2018年12月実施)
注:金融リテラシークイズの得点は、金融広報中央委員会 金融リテラシー調査2016の金融リテラシークイズをそのまま活用して設問とし正解の点数を算出している。

<<これまでの記事はこちらから>>

合同会社フィンウェル研究所代表 野尻 哲史

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
野尻 哲史

合同会社フィンウェル研究所代表。国内外証券会社、大手外資系運用会社を経て、2019年5月に現職。資産の取り崩し、地方都市移住、雇用継続などの退職後の生活に関する提言を行っている。行動経済学会、日本FP学会などの会員などの他、2018年9月から金融審議会市場ワーキング・グループ委員。著書に『IFAとは何者か』(一般社団法人金融財政事情研究会)『老後の資産形成をゼッタイ始める!と思える本』(扶桑社)『定年後のお金』(講談社+α新書)『脱老後難民 「英国流」資産形成アイデアに学ぶ』(日本経済新聞出版社)など多数。