日本銀行によるマイナス金利発表後に投資テーマを考えるための記事4選

読者に伝えたいキュレータからのポイント

株式相場は日銀のマイナス金利政策発表後に大荒れとなりましたが、個人投資家もこうした状況の概観を頭に入れつつ、好機が訪れている銘柄や投資信託、ETFを仕込めるならぜひ仕込みたいところですね。そうした方にお薦めの記事4選です。

日銀でも意見の割れたマイナス金利

日銀でも意見の割れたマイナス金利導入の背景についての分析です。国内のインフレ率の状況、海外各国のマイナス金利導入事例などを踏まえて整理してくれています。

続きを読む

日銀、予想外のマイナス金利導入

出所:ピクテ投信投資顧問

10年国債利回りは一時0.09%に

マイナス金利の導入で、金利の発生する国債(不思議な表現ですが)を日銀の買いオペに応じて売却するインセンティブが低下し、国債の資産としての魅力が高まることで金利が低下しました。今回のマイナス金利の影響を、株式、為替、債券の観点から整理してくれています。

マーケットレポート(2016年1月29日)

出所:DIAMアセットマネジメント

決算のアップデートと相場のテーマ

マイナス金利で市場は乱高下していますが、忘れてはいけないのは、現在は決算発表真最中であるということ。決算のアップデートと投資テーマについては、以下の記事を参考にされてはどうでしょうか。

決算コメント:さくらインターネット、Apple、アルプス電気、大日本住友製薬、ファナック、補足:小野薬品工業

出所:楽天証券

マイナス金利を受けての投資戦略

「マイナス金利のとりあえずの影響はわかったけれども、具体的な投資戦略はどうか」ということを知りたい方は次の記事をどうぞ。

日本銀行のマイナス金利決定(2016年1月29日)による相場動向まとめと今後の投資戦略

出所:Longine

【2016年2月1日 投信1編集部】

■参考記事■

>>自分にぴったりの分散投資を手数料無料で最も安く―「たわらノーロード」シリーズ活用法

>>失敗しない投資信託の選び方:おさえるべき3つのNGと6つのポイント

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。