部下をつぶす上司、やる気を引き出す上司の違い

普段、部下にはどのような話し方をしていますか?なんだか部下が疲れきっている、良い人間関係が築けていない…。そのような場合、部下との接し方に問題があるのかもしれません。部下に慕われるためにも、理想の接し方を学んでおきましょう。

部下のやる気が失せてしまう言葉

2018年6月に養命酒製造㈱が東京都勤務の20歳~59歳のビジネスパーソン1,000人に対して実施した調査「東京で働くビジネスパーソンの疲れの実態に関する調査」では、「上司の言葉に疲れが倍増したことがある」と答えた男女は41%という結果でした。実際に上司に言われ、疲れが倍増した言葉は以下の通りです(複数回答可)。

続きを読む

1位・・・「常識でしょ」/「当たり前でしょ」(24.4%)
2位・・・「前にも言ったよね?」(23.9%)
3位・・・「まだ終わらないの?」/「仕事遅いね」(21.0%)
4位・・・「そんなこともできないの?」(20.7%)
5位・・・「やる気あるの?」(17.3%)
6位・・・「自分で考えてやれ」&「勝手にやるな」(15.9%)
7位・・・「仕事だから」/「プロなんだから我慢してやって」(15.4%)
8位・・・「暇そうだね」(14.9%)
9位・・・「忙しいから後にして」&「なんで早く言わないの?」(13.4%)
10位・・・「前例がないから」/「慣習だから」(10.7%)

仕事中の態度を振り返ってみると、何気なく言ってしまったセリフがあったのではないでしょうか。たとえ軽い気持ちで言ったセリフでも、相手にダメージを与えてしまう可能性も考えられます。このようなセリフは、今後できるだけ控えた方が良いでしょう。

「褒めて育てる」方法がいいの?

「叱らずに褒めて育てよう」という試みを実践している職場も多くみられますが、今ではそのデメリットの存在も耳にするようになりました。ここで、その具体例をいくつかご紹介しましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。