無理なく貯蓄!自分にとって「ちょうどいい」お金の貯め方

copy URL

そもそも現時点で貯蓄ゼロの方は、「お金に対する考え方」から見直す必要があります。貯蓄を増やしていくためにも、お金を使うハードルを上げて現状を変えてみましょう。

「歩くのが面倒だからタクシーに乗ろう」といった行動ばかりとっていると、支出が膨らむ一方です。すぐにお金を使おうとするのではなく、「もっと安く済む方法はないか」「本当に買う必要があるか」と立ち止まる癖をつけましょう。

それでもお金が残らないなら、給料日に「貯蓄したいお金」と「家賃などの固定費」を差し引いてみてください。残ったお金だけが自由に使えると考えると、自然とその金額内で生活する意識が芽生えます。今月使える残金が分かりやすいというメリットもありますよ。

まとめ

お金と上手く付き合っていくには、自分が「ちょうどいい」と感じる取り組みをすることが大切です。ストレスをためながら節約するのではなく、決められたルールのなかで無理なく過ごしていきましょう。自己投資や家事の息抜きなど「これは自分にとって必要だ」と感じるものにお金を使うのは、決して間違いではありませんよ。


【ご参考】貯蓄とは
総務省の「家計調査報告」[貯蓄・負債編]によると、貯蓄とは、ゆうちょ銀行、郵便貯金・簡易生命保険管理機構(旧郵政公社)、銀行及びその他の金融機関(普通銀行等)への預貯金、生命保険及び積立型損害保険の掛金(加入してからの掛金の払込総額)並びに株式、債券、投資信託、金銭信託などの有価証券(株式及び投資信託については調査時点の時価、債券及び貸付信託・金銭信託については額面)といった金融機関への貯蓄と、社内預金、勤め先の共済組合などの金融機関外への貯蓄の合計をいいます。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、大手メディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い運営をしています。また、編集体制としての金融コンテンツ編集者のバックグラウンドは、金融機関勤務経験年数は延べ30年(2021年7月1日現在)で、編集者として日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、第一種外務員(証券外務員一種)、AFPなどの金融プロフェッショナルとしての資格保有者が在籍しています。ネットメディアとしての沿革は、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。