無理なく貯蓄!自分にとって「ちょうどいい」お金の貯め方

お金を使わないで生活するのは難しいものの、使い過ぎていると貯蓄がなかなか増えない状況に陥ってしまいます。かといって、制限の多い節約に取り組んでいるとイライラが募ってしまう…。そこで、ストレスをためないお金の上手な使い方を学んでおきましょう。

お金の上手な付き合い方と使い方とは?

使う金額と回数をルール化する

お金を使いすぎて赤字になってしまわないよう、「食費は毎週8千円まで」「買い物は週に2回まで」などのルールを作ってみましょう。このルールのなかで生活しているうちに、お金の使いすぎを防げるうえ、1回1回の買い物に対する意識が高まっていきますよ。

続きを読む

デビットカードや電子マネーを利用する

クレジットカードを使っているうちに、予定以上にお金を使い過ぎた、引き落とし額を用意するのに苦労したといった経験はありませんか?クレジットカードの管理が苦手な方は、デビットカードや電子マネーの利用を検討してみましょう。

デビットカードは利用した瞬間に銀行口座からお金が引き落とされるシステム。現金でチャージした金額しか使用できない電子マネーと同様、クレジットカードのように手元にないお金を借金するわけではありません。このような支払い方法を利用して、クレジットカードによる支払いの先延ばしを防いでみるのも1つの手です。

意味のある自己投資には取り組む

資格取得などの自己投資によってキャリアや収入がアップする見込みがあるなら、お金をかける価値は十分あるでしょう。ビジネスセミナーや異業種交流など自分の可能性を広げる活動には、あまりケチりすぎないように意識してくださいね。

共働き夫婦の場合に大切なのは

続いては、妻が仕事と家事・育児を両立している場合をみてみましょう。大切なのは、お金を使うべきところ、抑えるところを判断することです。

息抜きをしてみる

仕事も家事も育児も…といった生活に追われていると、疲れがたまる一方です。そこで、家事代行サービスを利用してみましょう。

「家事は自分でするもの」というイメージが強い日本ですが、海外ではハウスキーパーや家事代行サービスの利用は珍しくありません。「家事にお金をかけるなんて…」と思い込まず、息抜きとして利用してみてはいかがでしょうか。

子ども関係の予算を立てておく

子どもが生まれると、つい「洋服をたくさん買いたい」「習いごとをさせたい」とさまざまな理想が出てきます。とはいえ、あれもこれもと欲張っていては家計が破たんしてしまいます。

そのため、「お金を使うもの」と「使わないもの」をしっかり分けておきましょう。「洋服や学用品はお下がりを利用する」「習いごとは子どものしたいことをさせる」など、メリハリを付けるのがポイントです。

貯蓄がゼロの人の対策法

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。