「帰省しなくちゃいけませんか?」帰省ブルーになるのはもうやめよう

新年度「令和」は連休からスタートです。仕事柄休めない方もいるかもしれませんが、子どものいるご家庭はお休みを取っている場合が多いかもしれません。そしてこの連休に、夫の実家へ帰省するという方もいるでしょう。子どもや夫は喜ぶけれど、妻は帰省の日が近づくごとに憂鬱になってしまう。それが「帰省ブルー」です。

そんな「帰省ブルー」はどうして起こるのでしょうか。今回は「帰省ブルー」とはどのようなものなのか、どうして起こるのかを考えてみます。

続きを読む

夫の実家へ行くたびに憂鬱になる「帰省ブルー」

「帰省ブルー」とは、夫の実家に行くことに対して憂鬱な気持ちになってしまうこと。普段は電話やメールだけで済ませているけれど、ゴールデンウィークやお盆、お正月などの長期休暇があると夫の実家に「行かなくてはならない」方は多いのではないでしょうか。そのたびに「行きたくないな」「中止にならないかな」と憂鬱になってしまうのです。

「帰省ブルー」になってしまう理由は人によって様々ですが、大きな要因となるのが「義両親との関係」が大きいのではないでしょうか。ただでさえ義実家は夫の親族に囲まれ、妻だけがアウェーになりがちな空間です。

温かく妻を迎えてくれればよいのですが、嫌味と感じるような発言や、無神経な態度を取られることで、より疎外感や辛さを感じてしまう場合が多いようです。

仕事、家事、育児への口出し…時代が違うのに!

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。