職場で「好かれる人」「評価される人」になるための4つのヒント

もう人間関係で悩まない!

人間関係がつらくて転職を考えたり、退職に思い至ったりする人も多いと思います。職場というのはギスギスしてしまうことも多く、周囲の人と軋轢が生まれやすい環境ではありますよね。

では、その中で好かれる人になるにはどうしたらいいのでしょうか。今回は職場で好かれる人になるためのヒントをご紹介します。

人のためになることをする

会社で自分の価値を高めようと思ったら、まず意識すべきなのは「人のためになる」こと。一緒に働く人のためになることをする、というのは意外と難しく、とても頭を使うことです。

続きを読む

周りの人の行動の一歩先、二歩先を読んで行動するよう意識すると、重宝される存在になれます。人のためになることを考えて動くことで、周囲から感謝されますし、色々な人があなたのことを大切にしてくれるでしょう。

気が使える人というのは、誰かの行動の先を読んでいます。また、その先に待ち構えるトラブルやアクシデントを想像して、準備をしたり対策を取ったりすることができるのもまた、重要なスキルですし、重宝される一つの要素です。

そういう人が近くにいてくれたら、あなたもきっと仕事がしやすいですよね。「こういう人がいてくれたらいいのに」と思うような人に自分がなれるよう、心がけてみるといいですね。

周囲に感謝され、重宝されると仕事のモチベーションも上がるもの。もっと役に立とうと思えるでしょう。そうなるといい循環が生まれ、自分も周囲も仕事しやすい環境が生まれますよ。

数字を見て根拠のある話をすること

職場ではコミュニケーション力だけではやっていけません。職場で信頼される人間になるためには、根拠のあることをしっかり話せることが大事です。そのためには、数字で裏付けされたさまざまなデータを見て、自分なりに仮説を立てて検証したり、その結果をもとに次の一手を考えたりする必要があります。

積極的に意見を言える人は注目を集めることができます。さらに根拠のあることを言える人は信頼されるようになりますし、次の一手を言える人のところに仕事と評価が集まってきます。

職場ではビジネス的な信頼感がしっかりベースにあってからでないと、愛される人間にはなれません。仕事がデキなくても愛される人というのはあまりいませんよね。

人間として、ビジネスマンとしてしっかりしていることが前提としてあって、そのうえで話しかけやすい人や物腰やわらかな人が好かれます。ビジネスの場で信頼を得るには、根拠のある話をすることと合理的に目的を達成できそうな行動を起こすことが手っ取り早いのです。

人の成果に光を当ててあげられる人

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

FP保有の金融系ライター。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。