1年で100万円を貯めるための「はじめの一歩」

貯金を始める第一歩は、目標額を決めること。まずは分かりやすく「1年で100万円」を掲げてみてはどうでしょうか。「それならできそう」と感じる方も「さすがに厳しいのでは」と顔をしかめる方も、これがどのくらいのハードルなのか、現実的な目線で考えてみましょう。

1年で100万円を貯金するのはどのくらい難しい?

はじめに、「知るぽると」による「家計の金融行動に関する世論調査」[単身世帯調査](2018年)から、日本の貯金の状況を捉えておきましょう。調査の結果によると、金融資産の保有額の平均値は744万円、そのうち預貯金は310万円となっています。

続きを読む

ただし、この数字の中には、金融資産を保有しない世帯が38.6%存在します。金融資産を保有する世帯だけの金融資産の平均値は1234万円、そのうち預貯金は515万円です。

このことから、全体の約4割近くが金融資産をもっていないこと、そして両者の金融資産には、大きな差があることが分かりました。貯金ができない状態から抜けだすのは、思っているよりもハードルが高いと考えられます。

お金を貯める基本を抑える

そんなハードルを乗り越えるためにも、さっそくお金を貯める行動に移しましょう。貯金における基本は、「収入を増やす」「支出を減らす」の2つに分けられます。

「収入を増やす」ためには、今の仕事で成果を出して昇進を狙う、副業を始める、使わないものを売るなどの方法が挙げられます。また、転職して年収がアップするケースもあります。産業によって平均年収は大きな差があるため、いまとは別の業界や産業への転職も選択肢のひとつでしょう。

「支出を減らす」には、あらゆる面で節約をしていきましょう。たとえば、保険を見直すことで同じ保障内容のものに加入している、保障が過剰すぎるといった状況に気がつく可能性があります。

また、スマホや携帯の契約を見直し、通信会社や料金プランを変更することで、毎月の利用料金を抑えられることもあります。まずは今ご自身が加入しているサービスを確認し、どこを節約できるかを見つけ出しましょう。

1年で100万円貯めたいと思ったらするべきこと

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。