「キラキラネーム」つけられた子どもの声、つけた親の声

ビジネス、今日のひとネタ

2019年3月初め、山梨県甲府市の高校生、赤池肇さんが、裁判所で名前変更の許可が下りたとネット上で報告しました。改名前の名前は「王子様(おうじさま)」でした。

多くの方がご存じのように、常識からは外れているとされる珍しい名前や、漢字の本来の読み方では読めない名前などを「キラキラネーム」と呼びます。赤池さんの話は、「キラキラネーム」の改名成功例だとして、メディアなどで話題になりました。

子どもに「悪魔」と名づけ!?

続きを読む

1993年には、実子に「悪魔」と命名しようとした親からの出生届を地元自治体が不受理とした、「悪魔ちゃん命名騒動」が起こりました。当時は衝撃的なニュースとして大きく報道されたのですが、40代以上の読者の中には、この騒動を思い出して「あれからもう四半世紀以上も経つのか……」と思った方も多いかもしれません。

当時はもちろん「キラキラネーム」という言葉はありませんでしたが、この事件がのちに「個性的な名前」の流行の遠因となったという見方さえあります。また、「キラキラネーム」という言葉自体、2012年の新語・流行語大賞にノミネートするなど、子どもの名づけに関することは、常に世の中の関心が高いテーマでもあります。

また、キラキラネームへのある意味でのアンチテーゼとして、昭和・高度成長期の日本でよく見られた「〇男」や「△子」のような少し古風な名前を「シワシワネーム」と呼ぶそうで、これもひそかに流行の兆しを見せているようです(そのネーミング自体はどうかと思いますが)。

ほかにはどんな名前が?

今回、話題となった高校生のもともとの名前は、「王子様」でした。ほかにはどのようなキラキラネームの方がいるのでしょうか。

たとえば、いくつかの「赤ちゃん名付け支援サイト」やそうしたサイト内のランキングには、次のような名前が並んでいます(ユーザーが任意で、赤ちゃんに付けた名前を登録したり、姓名判断で入力した名前をもとにランキング化したりしていることが多いため、実際にはいない名前もあるかもしれません)。

月陽
黄熊


澄海
今鹿
萌夢

混沌
宝冠
​在波

それぞれ、どんな読み方をするか、わかりましたか?

知らないと読めない……?

正解はこちらです。

月陽(るる)
黄熊(ぷう)

光(ちゃくら)
澄海(すかい)
今鹿(なうしか)
萌夢(もあ)

混沌(かおす)
宝冠(てぃあら)
在波(あるふぁ)

確かに、どうしてこのような読みになるのだろうという名前も並んでいますね。「海」という漢字を使っているのに、どうして読みは「すかい」なのかといった素朴な疑問も湧きます。

また、ネット上では、「芸能人の子どもってキラキラネームが多いよね」という意見も見受けられます。「個性が命」の世界ですので、子どもの名づけでもそういう面はあるのかもしれませんが、そもそも一般の人よりも「子どもの名前」が報道される機会が多いこと(仮にそうした名前をつける確率は一般人と同じでも、「子どもの名前が報道されること」自体が芸能人のほうが圧倒的に多いので、「芸能人の子どもに特に多い」ように思ってしまうこと)も、理由としてはあるでしょう。

ネットがざわついた、ある事件の容疑者名

また、冒頭の赤池さんとは違う角度でも、キラキラネームがネットの一部で大きな話題になりました。2019年1月、ネット上の匿名掲示板に、爆発物などを使って広島西警察署を襲撃すると書き込んだ容疑で、広島県警は広島市西区に住む無職の女を逮捕しました。逮捕されたのは中田未祐容疑者(57歳)。名前の漢字などにことさら変わった点はありませんが、いったい何が話題になったのでしょうか?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
クロスメディア・パブリッシング

2005年創業。ビジネス書・実用書を中心とした書籍出版や企業出版、メディア・コンテンツ事業、デザイン制作事業などを手がける。

主な刊行書籍に、20万部突破の『誰からも「気がきく」と言われる45の習慣』をはじめ、『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』 『起業家のように企業で働く』 『すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術』 『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』 『自分を変える習慣力』 『鬼速PDCA』など。