あなたの節約は正しい?大切な人を失いかねない節約とは

「貯金をする為に節約しないと!」と、思うでしょう。でも節約しているつもりなのに、お金がなかなか貯まらないと感じている人も多いはず。
そこで今回はやってはいけない節約についてご紹介します。

やってはいけない節約ってなに?

1. ゴールがない節約

節約を行う際に何のための節約なのか。ゴールを決めてそこまで届けいたら、一旦終了することにしておけば、ゴールに向かう事に集中できます。けれどそうではなくダラダラと節約をするという状態になると節約の効果も下がります。そうなると節約をする事にうんざりしてしまって、節約を止めてしまいます。また節約してきた反動で浪費をして節約前より消費してしまう可能性もあります。それでは全く意味がありません。その為「何のために節約をするのか」または「最終的にいくら貯蓄したい」など予めゴールを決めることからがはじめましょう。

続きを読む

2. 大切な人を失いかねない節約

ここでいう大切な人とは家族、親戚、友達、上司、同僚、先輩・後輩など、あなたに関わる周りの人、全てを含みます。大切な人を失いかねない節約とは、例えば親戚や同僚へプレゼントやご祝儀を渡す際にケチって節約したり、大切な上司や恩師などへの御礼を安い物で済ませたりする事です。
一見、人のためにお金を使うのは無駄に思えますし、大切なではないと思っている人の為にお金を費やす必要もありません。そうではなく、あなたが今後も大切にしたい、自分の味方でいてくれていると感じる人へのプレゼントにはケチったりせず、それなりのお金を費やすべきです。なぜなら、プレゼントや贈り物はあなたの品格を問われ、贈り物を受け取った人だけでなく、受け取った人の周りにいる人達からも贈り物を見て、あなたの行いを判断されるからです。
たかが贈り物。されど贈り物です。贈り物ひとつで人間関係に影響を及ぼす可能性がありますので、そういった場面でケチるのは辞めましょう。うまく節約したつもりで、後々の人間関係で損する事があるからです。

3. 自分への投資を削る節約

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。