「おっぱいちゃんと出てる?」赤ちゃん連れに口を出すおせっかいおばさま、どう対応する?

赤ちゃんを連れて出かけると、電車内や街中で中高年のおばさまがニコニコと話しかけてくれることがしばしば。あやしてくれたり母親を労ってくれたりして嬉しいことが多いのですが、中には無神経なアドバイスや質問を投げかけるおせっかいなおばさまも少なくありません。

そうした場面に遭遇し、イラっとしたり返答に困ったりした経験がある人は、筆者だけではないはず。そんなおばさま方には、どう対応すればいいのでしょうか。筆者の体験を交えてご紹介します。

続きを読む

会話をすぐに終了させられるコミュニケーションは?

体温が高く、熱が体内にこもりやすいという、大人とは違う仕組みを持つ赤ちゃんの体。そのため、手足から熱を放出させることで体温調節を行っています。裸足の赤ちゃんが多いのは、こういった理由があるのです。

しかし、この事実を知らない人が多いのが、現在子育て中である20代~30代の母親にあたる世代。筆者も電車の中で、赤ちゃんの手足に触れたおばさまから「手足が冷たくてかわいそうね」「靴下を履かせないの?」と言われた経験があります。

相手は別に他意なく言っているのでしょうが、きちんとした理由があった上で裸足にさせている母親からすると、非常にモヤモヤしてしまいます。

こういう時は、どう対処するのがいいでしょうか。まず、真っ向から反論するのは避けたいところ。相手の感情を逆なでしてしまい、「昔と違って最近のお母さんは…」と“ダメ母親”のレッテルを貼られてしまうかもしれません。

また、「すみません、靴下を忘れてしまって~」とおちゃめなフリも逆効果。筆者はこれをしたことで、相手のアドバイス欲を掻き立ててしまい、延々と過去の育児話を聞く羽目になったことがありました。

何度もこういう場面に遭遇した筆者のおすすめは、本心は違ってもとりあえずぐっと飲みこんで「アドバイスありがとうございます」とさらっと言うこと。お礼を言ってしまえばそれで会話が終了し、それ以上の口出しを避けられる可能性が高まるからです。

「実はお医者さんから裸足でいいと言われたんです」「昔と今の子育てって全然違うからわからないことだらけです」と相手とのコミュニケーションを続けるのは、自分の気持ちに余裕がある時だけで十分でしょう。

「二人目は?」「おっぱい出てる?」母親を悩ませる無遠慮な質問

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
秋山 悠紀

早稲田大学文化構想学部出身。女子高でサッカー部、フリーター、演劇活動、編集プロダクションなどを経て独立。
子育てへの不安から1年半の保育園勤務の後、第一子を出産。
現在、長男を育てながら女性の生き方、子育て、ジェンダー、社会、旅、ドラマ、映画について執筆中。