30代夫婦の平均貯蓄額はどのくらいか?ゼロからはじめる資産形成法とは

Walking Nature World/Shutterstock.com

30代夫婦の平均貯蓄額はいくらくらいなのでしょうか。今回は二人以上の30代の世帯のデータをもとに、該当する対象がどの程度の貯蓄をしているのかを見ていきます。また、30代はどのような資産形成を始めればよいのかについて見ていきましょう。

30代夫婦の平均貯蓄額はいくらか

さて、二人以上世帯の30代はどれくらいの貯蓄をしているのでしょうか。

知るぽると「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査]平成30年調査結果」によれば、金融資産を保有する二人以上世帯で30代は、貯蓄として、平均810万円、中央値で500万円保有していることになります。

続きを読む

ここでいう「貯蓄」には、金融機関での預貯金だけではなく、株式や投資信託、債券といった有価証券や生命保険なども含まれます。

では、金融資産を持たない非保有世帯を含めた数字はどうなるのでしょうか。

30代の貯蓄の平均は660万円、中央値は382万円にまで下がります。

このように金額が大きく下がってしまうのは、金融資産非保有世帯によるものです。金融資産非保持世帯の割合が17.5%とおよそ2割の層は金融資産を保有していません。結果として、平均と中央値が下がることになります。

  • つみたてNISAでも買える、とことんコストにこだわったファンドeMAXIS Slim。ネットで人気の先進国株式ファンドもラインナップ [PR]

金融資産保有額の分布はどうなっているのか

では、先の調査において、貯蓄額のレンジごとにどの程度の比率が分布しているかを見てみましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。