我が家の貯金って少ないの?働く世帯の平均月額は7万以上

周囲の家計状況は、誰でもつい知りたくなるもの。「みんな毎月いくら貯めているの?」と気になってはいませんか?

日本の貯蓄率は、一体どのくらいなのでしょうか。毎月の黒字や黒字率にまつわる調査結果から、貯蓄率をチェックしてみましょう!

日本の貯蓄率は?

まずは、総務省統計局による「家計調査」のデータを見ていきましょう。総務省は、家計の黒字・黒字率を以下の通りに定義しています。

(家計の)黒字=可処分所得-消費支出
黒字率=黒字/可処分所得

続きを読む

また、2017年の2人以上かつ勤労者世帯の1カ月あたりの家計収支は以下の通りです。

・実収入:53万3820円(うち、勤め先収入が49万3834円)
・消費支出:31万3057円(食料、住居、高熱・水道、家具・家事用品、被服及び履物、保険医療、交通・通信、教育、教育娯楽などを含む)
・非常費支出:9万9405円(税金や社会保険料など原則として世帯の自由にならない支出)

この結果から、黒字・黒字率を計算してみましょう。

可処分所得(手取り収入)=実収入-非消費支出(税金や社会保険料等)=43万4415万円
黒字=可処分所得-消費支出=12万1358万円
黒字率=黒字/可処分所得=12万1358万円÷43万4415円=約28%

つまり、勤労世帯は毎月手取り収入の約28%が、貯蓄などに充てられる黒字であると判断できます。この黒字の内訳も、あわせてチェックしておきましょう。

預貯金純増:7万6400円
保険純増:2万600円
有価証券純購入:8000円
土地家屋借金純増:3万600円

2人以上かつ勤労世帯では、1カ月あたり7万円以上の預貯金ができることになります。その次に金額の大きい「土地家屋借金純減」は、住宅ローンなどの返済が考えられます。

その一方、最も低い数字は「有価証券純購入」。リスクのある投資に手を出さない世帯も多いようですね。

過去からの推移は?

先ほどご紹介した通り、2017年の黒字は12万台という結果でした。この数字は、過去と比べてどう推移しているのでしょうか。過去10年における黒字を見てみましょう。

2008年:11万7800円
2009年:10万8900円
2010年:11万1700円
2011年:11万1700円
2012年:11万1100円
2013年:10万700円
2014年:10万4800円
2015年:11万1900円
2016年:11万9100円
2017年:12万1400円

ご覧のように、2013年以降は増加の一途を辿っています。このなかでも、とくに増えている項目は「預貯金」。今度は、その「預貯金純増」の推移を確認してみましょう。

2008年:5万5500円
2009年:4万5900円
2010年:5万4400円
2011年:5万4800円
2012年:5万6500円
2013年:5万3700円
2014年:5万7500円
2015年:6万4700円
2016年:7万1200円
2017年:7万6400円

黒字と同様に、預貯金も2013年から順調に増加しています。「増えた黒字は預貯金に」と考える世帯が多いことがうかがえますね。

預貯金を増やすには

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。