貯蓄がゼロ!の人はどうする?「お金がない」現状を打破する方法

ちゃんと働いて収入を得ているのに、なぜか一向に貯蓄が増えない……とお悩みの方もいるのではないでしょうか。「貯蓄がほとんどないなんて、我が家くらいなのかな」と思いがちですが、実はそうでもないんです。そこで今回は、気になる世間の貯蓄額の実態と、その打開策をお伝えします。

意外と多い? 貯蓄が少ない世帯

総務省が2018年5月に発表した「家計調査報告 貯蓄・負債編 平成29年(2017年)平均結果の概要(二人以上の世帯)」によると、2017年平均の1世帯当たり貯蓄現在高(平均値)は1812万円で、前年に比べ8万円、0.4%の減少でした。これは5年ぶりの減少ということです。

続きを読む

また、貯蓄現在高が「0」の世帯を除いた 世帯を貯蓄現在高の低い方から順番に並べたときに,ちょうど中央に位置する世帯の貯蓄現在高、すなわち中央値は1074万円、貯蓄現在高「0」の世帯を含めた中央値は1016万円となっています。

こう見ると、けっこう貯蓄現在高が多いと感じられるかもしれません。しかし一方で、貯蓄現在高が100万円未満の世帯は全体の10%ありました。これは同調査の階級別世帯分布(100万円ごと)の中でもっとも高い割合です。ちなみに、貯蓄には預貯金以外の有価証券や積立型の保険なども含まれます。

収入に釣り合った買い物を

貯蓄現在高100万円未満の世帯が10世帯に1世帯の割合であることが調査で示されていましたが、「貯蓄が少ない仲間がたくさんいる」と安心してはいけません。まずは普段の買い物を見直し、今の収入に適したものを購入しているかを振り返りましょう。

デパ地下で高い食材に手を伸ばしたり、たまたま見かけた服を勢いで手に入れたりはしていませんか? 貯蓄を増やすには、安いスーパーで食材を揃える、衝動買いを控えるなど、今の収入と釣り合ったものを買うことが大切です。無駄な支出を抑え、貯蓄に充てられるお金をしっかりと確保しておきましょう。

固定費にも着手する

節約できるのは、食費やお小遣いだけではありません。家賃・光熱費・通信費・保険などの固定費にも着手して、余分な支払いをカットしましょう。

特に、金額の大きい家賃は見直す価値のある項目です。よく「手取り月収の3割が目安」と言われますが、収入に対して高すぎる家賃を払っている場合は、家賃の安い家に引っ越すことも視野に入れましょう。

また、毎月の保険代も要チェックです。支払いに無理のある金額ではないか、同じ補償内容ものを複数契約していないかなど、いま一度確認しておきましょう。

お金に対する考えを改める

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。