貯蓄額があがる!ストレスフリーでできる節約術とは

お金を貯めようとすると、「お金を自由に使えないストレス」を感じてしまうこともありますよね。そんなストレスが蓄積されていくうちに、節約が嫌に感じてくるように…。

そんな悪循環にならないためには、できるだけストレスを感じずにお金を貯める状況をつくることが大切です。では、具体的にどんな方法があるのか、1つずつチェックしていきましょう!

先取り貯金で無理なく貯蓄

なかなか貯蓄ができない人は、「お金はあるだけ使ってしまう」というパターンが多く見られます。この場合、「残った分を貯蓄する」よりも、「先に貯蓄しておき、残りは自由に使える」方が無理なくお金を貯めることができます。

続きを読む

ポイントは、頭の中で「5万円は残しておこう」と計画しておくのではなく、実際に別のところへ5万円を移しておくこと。給料が支払われたら、すぐに別の銀行口座へ貯蓄分を移しておきましょう。

とはいえ、足りないときにすぐに手を出せる状態だと、わざわざ先取りしておく意味がありません。できるだけ引き落としにくい状態にしておくことがベストです。

また、クレジットカードや電子マネーを使って、本来その場にないお金を使ってしまうのも避けておきましょう。どうしても使ってしまいそうな方は、家の中にしまっておいてくださいね。

諦めがちな固定費にも着手

固定費を節約すれば、そのぶん毎月の貯蓄額を簡単に増やすことができます。「固定費」という言葉に捉われず、今より料金を抑えられないか見直してみましょう。

とくに、支出の大部分を占める家賃は大きな存在です。貯蓄が一向にできない人は、家賃を見直すことで一気に状況が改善されるケースも珍しくはありません。

「そうはいっても、これ以上狭い部屋には住めない」という場合は、もう少し相場が安いエリアを探してみましょう。職場からの距離が多少遠くなっても、交通費がしっかり支給される会社に勤めているなら、余計な出費が増えることはありません。

また、毎月当たり前のように払っている通信費も見直す価値があります。まずは通信費を契約しているプランの見直しだけでも使用料が抑えられることがあります。今のあなたの使用状況がプランと合っているのかをまずは確認。それから格安スマホに乗り換えたらどのくらい節約できるのかも合わせて、じっくり検討してみましょう。

「節約」という発想をやめる

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。