お金持ちになるには? 始めて損はない3つの行動とは

「お金持ちになりたい...」と誰しも一度は思ったことがあるのではないでしょうか。でも、ただ思っているだけではなれないということも、みんな分かっていますよね。

実際、仕事で成功して多くの財産を築くのは簡単なことではありませんが、少しでもお金持ちに近づくためにやっておいて損はない行動があります。今回はその行動を3つ紹介します。

朝の時間を無駄にしない

世界的な有名企業の創業者やCEOには朝型が多いという話を見聞きしたことがある人もいるのではないでしょうか。多忙な彼らは、早朝に自分の時間を取ってその日の仕事の準備をしたり、読書などで自分の視野を広げたり、健康維持のための運動などをしているといいます。

続きを読む

このように朝の時間を有効活用し、社会や経済の動きを知るための情報を得ることを始めてみてはどうでしょうか。テレビでもネットでも、手段は自分が使いやすいもので構いません。

そうした知識や情報の蓄積が、仕事上で役に立ったり、あるいは副業や起業のヒントになったりすることもあるでしょう。毎日3分でも知識を得るための時間を取り、それを続けていくことで違いが出てくることを実感できるはずです。

やりたいことをオープンに口にする

お金持ちになる人には、自分がやりたいことや叶えたい夢を、はっきりと口にする人が多いものです。普段から自分のやりたいことを周囲に伝えていると、「こんな情報があるけれど、あの人がやりたいと言っていたことに関係あるから知らせてみよう」と声をかけてくれる人が出てきます。

自分がやりたいことを口にして、それができなかったら恥ずかしいと思いオープンにしない人も少なくないでしょうが、自らやりたいことを発信するからこそ、それに関する情報が自分のもとに集まってくるのです。自分の夢や目標を口にしなければ、そうしたチャンスはめぐってきませんよね。

また、そのような情報をもたらしてくれる人脈をしっかり作っているのもお金持ちの特徴です。企業の中で出世するにせよ、転職でステップアップするにせよ、自分でビジネスを始めるにせよ、人のネットワークは貴重な財産になります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。