ファーストリテイリングが連日の大幅安!日経平均株価は3日ぶり反落

【東京株式市場】 2019年1月16日

株式市場の振り返り-日経平均株価は3日ぶり反落、材料不足で利益確定売りが優勢

2019年1月16日(水)の主要指標 カッコ内は前日終値比

  • 日経平均株価 20,442円(▲112円、▲0.6%)  3日ぶり反落
  • TOPIX 1,537.7(▲4.9、▲0.3%)   3日ぶり反落
  • 東証マザーズ総合指数 920.7(+6.5、+0.7%)  3日続伸

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:635、値下がり銘柄数:1,424、変わらず:69
  • 値上がり業種数:11、値下がり業種数:22
  • 昨年来高値更新銘柄数:3、昨年来安値更新銘柄数:10

東証1部の出来高は12億962万株、売買代金は2兆1,581億円(概算)となり、いずれも前日より減少しました。英国のBrexit議会採決が行われましたが、既に織り込みで材料視されることはなく、特段のニュースがない材料不足の1日となりました。それでも、売買代金は何とか2兆円台を維持しています。

続きを読む

そのような中、日経平均株価は目先の利益確定売りに押される展開となりました。寄り付き直後は一時+25円高と堅調な気配を見せましたが、その後は終日マイナス圏での推移となりました。ただ、前場の半ばに一時▲232円安まで売られる場面も見られましたが、そこから下押しすることなく引けています。

なお、TOPIXも同じような値動きで3日ぶりの反落となりましたが、下落率は日経平均株価より小幅に留まりました。これは、中小型株の下値を拾う動きがあったためと推察されます。

  • つみたてNISAでも買える、とことんコストにこだわったファンドeMAXIS Slim。ネットで人気の先進国株式ファンドもラインナップ [PR]

東証マザーズ総合指数は3日続伸、売買代金は6日連続の1,000億円超え

東証マザーズの出来高は8,744万株、売買代金は1,209億円となりました。出来高は前日より減りましたが、売買代金は増加しています。引き続き個人投資家の物色意欲に改善の兆しが見られ、売買代金は6日連続で1,000億円を上回りました。

また、総合指数も堅調に推移して3日続伸となりました。900ポイントを固めつつありますが、今後は引き続き、個人投資家の物色意欲の回復が大きなカギになると思われます。

ファーストリテイリングが連日の大幅安、トヨタ自動車は7連騰ならず

個別銘柄では、ファーストリテイリング(9983)が一時▲4%安に迫る連日の大幅下落となり、TDK(6762)、資生堂(4911)、アドバンテスト(6857)なども大幅安となりました。

また、日立製作所(6501)、シャープ(6753)、ローム(6963)、村田製作所(6981)などハイテク株にも大幅安が目立ち、前日に驚異のストップ高で引けたオリンパス(7733)も▲5%安に迫る急反落となっています。

なお、7連騰が期待されたトヨタ自動車(7203)は冴えない値動きで反落となったのが目を引きました。

一方、ユニー・ファミリーマートホールディングス(8028)が大きく値を上げ、ローソン(2651)も上昇しました。

また、前日に強気の暦年販売計画を公表したSUBARU(7270)が大幅高となり、三菱自動車(7211)と日産自動車(7201)も堅調に推移しています。

新興市場(東証マザーズ)では、ディジタルメディアプロフェッショナル(3652)が値を飛ばしてストップ高となり、マネーフォワード(3994)も爆騰しました。一方、前日の決算発表で最終減益見通しとなった串カツ田中ホールディングス(3547)が大幅安となり、シェアリングテクノロジー(3989)も大幅下落となっています。

葛西 裕一

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。