サラリーマンで年収1000万円稼ぐことができる企業は?

LIMO編集部では、上場企業の有価証券報告書にもとづく平均年収のランキングを【最新版】年収別でみる給料が高い上場企業一覧でまとめています。

その中では、平均年収が2000万円を超えているのは先ほども出たキーエンス、1300万円以上~1600万円未満のレンジには三菱商事、伊藤忠商事、三井物産、住友商事、丸紅といった大手商社、野村ホールディングス、東京海上ホールディングス、三井住友トラストホールディングスなどの金融・保険業の企業が名を連ねています。

1000万円以上~1300万円未満のレンジには三菱地所、三井不動産、東急不動産などの不動産業、電通や博報堂DYホールディングス、フジ・メディア・ホールディングスといった広告業やマスコミ、そのほかにもハイテク、薬品、建設などの業種の企業が並んでいます。

平均年収1000万円を超える企業で働くには

平均年収が1000万円を超えるような企業には、志望者も殺到するのでそれなりのスペックも必要になります。たとえば、難関大学(大学院)卒業、海外有名大学(大学院)卒業、MBA取得、スポーツ強豪校の部活キャプテン経験者、学生起業家などが挙げられます。

採用人数が比較的多い金融系などではこの限りではなく、人柄やコミュニケーション力で採用される場合もありますが、厳しい戦いになるのには違いありません。

しかし、上記のような経歴でなくても、保険や証券、不動産、カーディーラーなどの業界における歩合制で年収1000万円を目指すことも不可能ではありません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。