肩肘張らずに着たい。ショップスタッフ推薦の「ゆったりサイズのニット」5選

12月にもかかわらず、各地で25℃以上を観測し夏日を迎えましたね。今年は暖冬と聞いていたものの、ここまでとは驚きです。それに伴い、例年ではアウターばかりに目がいってしまう頃ですが、気温が気温なだけに今年はニットに目移りしてしまいませんか?

今回は、一枚でもインナーとしても優秀なゆったりサイズのニットをご紹介。いま買って損しないアイテムですので、どうぞご覧ください。

絶妙なデザインのバランス

ルーズ過ぎない、絶妙なシルエットが持ち味の『AURALEE』のニット。上質なウール素材にフェルト加工を施した生地を採用し、編み地が綺麗に出るように仕上げたのがポイントです。

続きを読む

美しいカラーリングもまたお見事。コーデに取り入れるだけで、旬なスタイリングが完成しますよ。

日本最高峰の職人たちの技術

日本でトップクラスの技術を持つ職人によって編み上げられた『Island Knit Works』のニット。「乾式紡糸法」という特殊な製法で紡いだ糸で織られた生地は、優れた保湿性と速乾性を備えています。

また、肩幅・身幅を広めに取ったルーズなシルエットながらも、随所のディテールデザインにより子供っぽくならないように仕上げています。差し色としてインナーでも重宝しますよ。

最高品質の糸を贅沢に

『comm.arch.』のニットは、程よくゆったりとしたボックスシルエットが魅力。スーパーエクストラファインラムという最高品質の糸を贅沢に用いることによって、しっかりとした質感と柔らかな肌触りを実現しています。

シンプルにデニムと合わせるも良し、スラックスと合わせるも良し。絶妙な襟の高さでシャツとの相性も抜群です。

綺麗な配列のジャカードニット

美しい配列・配色が魅力的な『RICHMOND KNITWEAR』のジャカードニット。肉厚な生地感と相まって、メインとしてもサブとしても十分すぎるほどの存在感を発揮してくれます。

トラディショナルになりがちなジャカードニットを絶妙にゆるいシルエットで、今っぽく洒落た雰囲気に。柄ニットが足りない方は、こちらをどうぞ。

伝統的なザックリニット

どことなくヴィンテージのような、温かみのある雰囲気がいい『H. ROBINSON KNITTING』のニット。生地には硬さのあるブリティッシュウール、繊細なオーストラリアンウール、ニュージーランドウールを混紡したものを使用。良好な着心地と耐久性を実現しています。

また、ウール本来の素朴な風合いを活かした色合いも魅力的。スコットランド製も、高ポイントです。

あとがき

何も考えずにサッと着用しても、決してだらしなくならないのがニットの強み。真冬にはインナーとしても活躍してくれるアイテムばかりですので、ぜひこの機会に手に入れてみては?

FACY

参考記事

FACY
  • FACY
  • 運営:STYLER Inc.

ファッションアイテムを購入したいユーザーと、アイテムを販売しているショップを直接つなげるファッションアプリ「FACY」のオウンドメディア。
コンセプトは「今ほしいものがみつかる、ショップスタッフがオススメしたものが集まるファッションメディア」。“今ほしい”を軸に、まとめ記事やショップインタビュー、コーディネートなどを配信しています。