定年離婚願望のある人は何割? 「性格の不一致」を超えた理由とは

夫婦仲は発酵チーズのようなもの。乳と菌がお互いに作用しあって、時間の経過とともに絶妙な味わいが引き出される夫婦もいれば、残念ながら何らかの原因で発酵に失敗して腐ってしまう場合もあります。

家庭の外から見ると仲睦まじい夫婦でも、相手や他人にばれぬように「発酵臭」の発生源に壊れやすい簡易なフタをして、平静を装っている夫婦は少なくありません。

「定年を機に離婚を考えたことがある」と回答した男女の割合は?

1万2,000人の男女を対象に実施された「人生100年時代の結婚に関する意識と実態」(明治安田生活福祉研究所)によれば、「定年を機に離婚しようと考えたことがある」と回答した40~64歳の男女の割合は、かなり高い数字となりました。

続きを読む

【定年を機に離婚しようと考えたことがある割合】

子どもがいる既婚男性・・・19.6%
子どもがいない既婚男性・・・11.1%

子どもがいる既婚女性・・・28.1%
子どもがいない既婚女性・・・13.3%

どうやら、子どもがいる夫婦の方が離婚願望を胸に秘めている割合が高い模様。経済状況や子どもの心理的ストレスを考えて、子どもが成長するまで離婚したい気持ちを抑えている夫婦がいると推測できます。中でも子どものいる女性が離婚を考えた割合は約3割と、最も高い割合でした。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

東京外国語大学卒。商社の営業職、専業主婦を経てライターに。男女の働き方、子育て世代の消費動向、時事・社会問題などに関心がある。