半導体「ローム」の気になる最近の業績

半導体関連銘柄の株価が弱い

MS Mikel/Shutterstock.com

半導体関連銘柄の株価調整が進んでいます。そこで今回は2018年9月11日に発表されたロームの月次売上について振り返っておきましょう。

直近の月次実績はどうであったか

2018年8月の月次売上高は対前月比「0から▲5%減」ということで先月比でマイナス成長となっています。もっとも、「8月は稼働日も少なかったため(売上高は)横ばい傾向」というコメントもあわせてされています。

また、対前年同月比では「0-+5%増」とプラス成長となっています。商品ごとの対前年同月比で見ますと、LSI、半導体素子などがプラス成長ではあるものの、モジュールはマイナス成長となっています。

続きを読む

また、地域別の対前年同月比では、アメリカ、ヨーロッパ、国内が好調で、アジアの伸びがそのほかの地域と比べると弱くなっています。

直近の決算はどうであったか

少し前となりますが、2018年7月31日に発表された2019年3月期Q1決算では、売上高は対前年同期比+5%増、営業利益は同+18%増と増収増益でした。

Q1決算発表時点での会社による通期の連結業績予想は、売上高は対前年度比+6%増、営業利益は同+2%と増という予想になっています。

また、バランスシートについては同社は歴史的に健全な企業です。Q1決算時点でも総資産が約8592億円である一方、純資産は7552億円となっております。

過去1年の株価動向はどうか

最後に同社の株価動向について振り返っておきましょう。

足元、全般的に半導体関連銘柄の下げは大きいのですが、今回の月次実績の発表以降の下げが大きくなっています。過去1年では年始には1万3000円台をつける局面もありましたが、足元は8000円台となっています。

今後、月次実績次第で株価も動き出す局面もあろうかと思います。引き続きロームから目が離せません。

青山 諭志

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。Twitter:SatooshiX