保育園と幼稚園、小学校入学時に差は出るの?

保育料の無償化で変化は起きるか

小学校に入学すると、本格的な学習が始まります。幼児期は得意なことだけを集中して学ぶこともできますが、小学生になると苦手なことにも取り組まなければなりません。クラスのみんなが同じタイミングで同じ内容を学び始めるため、生徒ごとの力の差が目立つこともあるようです。

では、幼稚園と保育園どちらに通っていたかで、小学校入学時に力の差が出てしまうものなのでしょうか。両者の違いを見ていきましょう。

保育料の無償化で幼稚園を選びやすくなる?

続きを読む

日本ではほとんどの子が、4歳になる年の4月には幼稚園か保育園のどちらかに入園・在園することになるでしょう。これまでは、共働きの家庭は保育園、ママが専業主婦の家庭は幼稚園となることが多かったかもしれません。しかし、共働き家庭が増えていることもあり、「預かり保育」を実施して、夕方まで園児を受け入れている幼稚園も増えてきました。

預かり保育まで利用すると保育料がかさむという声もありましたが、2019年10月より保育園や幼稚園にかかる保育料が無償化されるという話も出ています。無償化には一定の条件や上限はあるようですが、多くの家庭で保育料の負担が大きく軽減されるでしょう。

そのため、これまで保育時間や料金の関係で保育園を選択していた人も「預かり保育を利用すれば、子どもを幼稚園に入れても仕事をそのまま続けられるのでは? これまでほどの料金がかからないのなら、満3歳になるタイミングで保育園から幼稚園に転園させようかな」と考える家庭も増えるかもしれません。

幼稚園と保育園の違いは選びやすさ?

では、幼稚園と保育園の差について考えてみましょう。まずは、制度的な面から。幼稚園は文部科学省が管轄しており、学校教育法に基づいて設置・運営されています。幼児の心身の発達を促すことを目的としており、保育料も園ごとに決定できるのが特徴です。

対して保育園は厚生労働省が管轄しており、児童福祉法にもとづいて設置・運営されています。目的は保護者に代わって乳幼児の保育をすることです。

このように聞くと、幼稚園は学びの場所、保育園はパパやママがいないときに過ごす場所と感じる人もいるでしょう。しかし、幼稚園も保育園も園によってさまざまな特色があるので、一概には言えないかもしれません。

違いがあるとすれば、幼稚園は子どもの反応や親の意志である程度選べるのに対し、保育園は認可園を自治体が管理しているため選びにくいことがあります。園の教育方針にこだわるのであれば、幼稚園のほうが納得できる園に通える確率が高いかもしれません。

先輩ママは小学校入学時ココに違いを感じていた

では、ここからは先輩ママが感じた、小学校入学時に感じた幼稚園生と保育園生の違いについての意見を見ていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

子育て中のママライター。ママならではの子育ての悩みや心配事、人間関係の悩みなどについて執筆しています。