ショップスタッフのオススメは? 休日に履きたいサンダル5選

休日は開放感を味わう

せっかくの休日は、サンダルで開放感を味わいたい。みなさん、今年のサンダルは準備できていますか?

今回は目利きのショップスタッフがFACYに提案してくれた、いつものそれとは一味違う洒落たサンダルをご紹介します。ローテクなものからハイテクなものまで様々揃ったので、休日スタイルの足元の参考にどうぞ。

端正な顔でハイスペック

『Suicoke』のMoto-Vsは、一言で表わすとハイスペックの持ち主。素材には上質なカウスエードを、ライニングには通気性の良いメッシュ素材を採用しています。

続きを読む

世界初となる同ブランドオリジナルフッドベッドは、一般的なフッドベッドよりも劣化しづらく、弾力性のある柔軟な踏み心地が特徴。さらにアウトソールにはVibram社製の軽量ソールと、サンダルらしからぬハイスペックぶり。それでいてこの端正な顔立ち。

他にはないモードな雰囲気

すでにサイズ欠品が発生中という、なかなか見ないデザインの『Portaille』のトングサンダル。アッパーにはワックスをかけたステアハイドを採用しており、履くごとに足馴染みが良くなっていきます。

ソールには一般的なレザーよりクッション性のあるブルレザーを採用し、歩き疲れも感じにくくなっているのも嬉しいところ。モードなスタイルがお好きな方は要チェック。

メキシコからの刺客

メキシコ発のブランド『BRAND X』より、ジワジワ履く人が年々増えているワラチサンダル。伝統的な製造工程を経てメキシコから日本にやってきた一足です。

足を覆う牛革の範囲が大きいため、フィット感が良いのはもちろん、編み込みの隙間から流れる風の通気性もバッチリ。高温多湿な日本でこそ履きたい、大人のための一足。

エッジの効いた大人サンダル

スペインのレザーブランド『STEVE MONO』のグルカサンダルは、エッジが効いたデザインながら落ち着いた雰囲気のある一足です。

採用したレザーは、イタリアのトスカーナ地方で生産された高品質なベジタブルダイのカーフスキン。さすがとしか言いようがない、上品な出で立ちです。ソールとアッパーを接着する白ステッチは、靴に必須なディテールながらコーディネートにアクセントを加えてくれますよ。

男の嗜好品、裸の革靴

カリフォルニア発のブランド『The sandalman』のWIDE STRAP SANDAL。ストラップ部分にHORWEEN社のクロムエクセルレザーを採用し、すべてハンドメイドで製作された本格派です。

足の形に合わせて削られた厚めのソールは履き心地がよく、長時間が履いていても疲れにくいのが特徴です。ソールは交換が可能なので、レザーの経年変化を長く楽しめるのも◎。もはや裸の革靴と言わんばかりのサンダルは、男の愛用品、嗜好品としてどうぞ。

あとがき

車や時計と同じように、価格に比例して質が高くなるのがサンダルというアイテム。文字通り「海」はビーチサンダルに任せておいて、大人が街に繰り出す時はタウンユースに耐えるデザインで履き心地が良いモノを選んでいきましょう。

FACY

ニュースレター

PR

FACY
  • FACY
  • 運営:STYLER Inc.

ファッションアイテムを購入したいユーザーと、アイテムを販売しているショップを直接つなげるファッションアプリ「FACY」のオウンドメディア。
コンセプトは「今ほしいものがみつかる、ショップスタッフがオススメしたものが集まるファッションメディア」。“今ほしい”を軸に、まとめ記事やショップインタビュー、コーディネートなどを配信しています。