大幅高で寄り付いたファストリ株がまさかの下落! 日経平均株価は3日ぶり反発

【東京株式市場】 2018年4月13日

株式市場の振り返り-日経平均株価は3日ぶり反発、一時21,900円台を付けるも失速

2018年4月13日(金)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 21,778円(+118円、+0.6%) 3日ぶり反発
  • TOPIX 1,729.3(+10.8、+0.6%) 3日ぶり反発
  • 東証マザーズ総合指数 1,156.3(+5.1、+0.5%) 4日ぶり反発

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,368、値下がり銘柄数:638、変わらず:76
  • 値上がり業種数:26、値下がり業種数:7
  • 年初来高値更新銘柄数:16、年初来安値更新銘柄数:39

東証1部の出来高は15億2,766万株、売買代金は2兆4,390億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。NY市場の反落や中東情勢の緊迫化などはあったものの、基本的には材料不足の展開となり、前日に続き様子見スタンスを強めた投資家が多かったようです。

続きを読む

ミニSQ算出日に伴う売買が嵩上げされていることを考慮すると、出来高、売買代金とも低水準だったと言えましょう。

そのような中、日経平均株価は終日プラス圏で推移しました。ただ、前場の半ばに一時+257円高まで買われた一方で、後場は一時+86円高まで上げ幅を縮小するなど、やや失速感が目立ちました。それでも、久々に22,000円台が視野に入りつつあることは確かなようです。

なお、TOPIXも同じような値動きで引けています。

東証マザーズ総合指数は4日ぶり反発、売買代金は5日連続で1,000億円割れ

東証マザーズの出来高は4,229万株、売買代金は744億円となり、いずれも前日より減少しました。売買代金は5日連続で1,000億円を下回るなど、相変わらず低調な商いだったようです。

ただ、総合指数は小幅上昇となって4日ぶりの反発となりました。個人投資家の物色意欲の回復は鈍いため、新興市場が再び活況となるためにも、有望な物色テーマの登場が待たれます。

前日に好決算のファストリ株がまさかの下落、決算発表後の安川電機も安い

個別銘柄では、機械株が反発となり、SMC(6273)が一時+5%高に迫る急騰となり、コマツ(6301)、日立建機(6305)、ジェイテクト(6473)、DMG森精機(6141)なども大幅上昇となりました。

また、TDK(6762)、ローム(6963)、アルプス電気(6770)など電子部品株に大幅高が目立っています。その他では、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)など金融株が買われ、川崎重工(7012)も大きく値を上げて引けました。

一方、前日に好決算を発表したファーストリテイリング(9983)は、寄り付き直後に一時+4%高に迫る急騰となったものの、その後は売りに押されて小幅下落で終わりました。

また、同じく注目決算企業だった安川電機(6506)も、大きく値を下げて引けています。

その他では、花王(4452)や資生堂(4911)など優良内需株が大幅下落となり、武田薬品工業(4502)は年初来安値を更新しました。

新興市場では、前日に続きヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス(6575)やビープラッツ(4381)など新規上場銘柄が大幅下落となりました。また、そーせいグループ(4565)は4日連続で年初来安値を更新しています。

一方、串カツ田中(3547)が連日の急騰となったのが目を引きました。

青山 諭志

参考記事

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット動向、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄や投資といった個人の資産運用動向を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。