NEC、簡単に「顔認証」の導入を可能とするパッケージ製品を発売

2018年2月7日、NEC(6701)は、設置済の入退場ゲートなどで顔認証解錠を手軽に実現する「NeoFace Access Control」(税別希望小売価格120万円)を発売すると発表した。

横幅及び奥行が約15センチ、高さが約38センチのコンパクトな筐体には、顔認証に必要な顔認証エンジンと顔データベース、カメラがパッケージで格納されている。

本体自体にデータベースを保持しているため新たにサーバを導入することは不要であることや、ICカードと顔認証を組み合わせた二要素認証により、ICカードの貸し借り・盗難などのなりすましによる不正入退を抑止することもできるため、手軽に既存のセキュリティシステムのアップグレードが可能になる。

続きを読む

1台あたりで登録可能な人数は約5,000人、また、データベース管理サーバと連携させることで、約10,000人分のデータ登録や管理、多数台での運用も可能である。

同社は、米国国立標準技術研究所(NIST)の顔認証技術ベンチマークテストで4回連続の第1位評価を獲得するなど顔認証技術で高い評価を得ているが、そうした差別化技術の導入を容易にする今回の取り組みにより、現在、同社が注力している社会ソリューション事業の成長が加速していくかが注目される。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆、書籍校閲・校正経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。