相鉄は2月11日から日立製新型車両の「20000系」の営業運転を開始

同日に横浜駅で出発式も開催

2018年2月6日、相鉄ホールディングス(9003)傘下の相模鉄道は、2018年2月11日(日・祝)午前10時30分に相鉄線横浜駅を出発する「特急 海老名行き」から都心直通用新型車両「20000系」の営業運転を開始することを発表した。

同社では、今回のデビューを記念して相鉄いずみ野線 湘南台駅で「相模鉄道20000系デビュー記念写真展」を行うほか、相鉄線横浜駅3番線において2月6日午前10時00分から出発式を行う。

続きを読む

なお、横浜を象徴する濃紺色の「ヨコハマネイビーブルー」の新型車両は2022年度下期に開業を予定している相鉄・東急直通線の車両としても導入される予定である。

2017年12月に創立100周年を迎えた相鉄では、顧客認知度や好感度を高めるために「デザインブランドアッププロジェクト」と呼ばれる取り組みを行っており、今回の新型車両の導入もその一環として位置づけられている。

ちなみに、「20000系」は、日立製作所(6501)の 笠戸事業所(山口県下松市)で製造されている。また、同車両には、新型素子(SiC素子)を採用したエネルギー効率が高いインバータ制御装置が導入されるなど環境への配慮も行われている。

新型車両の外観

拡大する

出所:相模鉄道ニュースリリースより

 

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。