三菱電機、米国での空調事業の強化をめざし合弁会社を設立

2018年1月18日、三菱電機(6503)は、米国 Ingersoll Rand 社(以下、IR 社)とダクトレス空調機販売の合弁会社設立について合意したと発表した

両社は、2018年前半をめどに、折半出資により新会社を設立し、全米をカバーするダクトレス空調機の販売網を構築していく。

米国の空調市場は、ダクトセントラル空調方式が90%以上を占めており、三菱電機が得意とするダクトレス空調のシェアは低位に留まっている。ただし、最近は省エネ意識の高まりにより、ダクトレス空調機にも注目が集まり、今後、急速な拡大が見込まれるようになっている。

続きを読む

三菱電機は、米国主流のダクトセントラル空調市場において、技術力と全米を網羅する販売網と高い提案力を有する米国を代表する空調メーカーであるIR社と協業することで、米国と中南米でのダクトレス空調市場においてプレゼンスを向上し、さらなる事業拡大を狙う考えである。

なお、三菱電機は、2020年度に空調冷熱システム事業の売上高 1 兆円を目指しており、米国事業を強化する今回の取り組みもその一環である。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。