日産の高級車「インフィニティ」、2021年より電動化へ

外部充電不要の「e-POWER」と100%EVの両タイプを投入

2018年1月16日、日産自動車(7201)の西川廣人CEOは米デトロイトで開催されたAutomotive News World Congressにおいて、インフィニティブランドで、2021年以降に電動パワートレインを搭載した新型車を投入すると発表した。

インフィニティの新型車は、デトロイトで開催された北米自動車ショーにて公開されたコンセプトカー「Qインスピレーション」のようなデザインでありながら、インフィニティの現行パワートレインを進化させた全く新しいレベルの電動走行を提供するとしている。

続きを読む

新型インフィニティには、100%電気自動車(EV)と小型ガソリンエンジンを使用して高出力バッテリーを充電するため外部充電が不要な電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した車両の2種類が投入される予定である。

こうした取り組みにより、同社では、2025年までに、インフィニティのグローバル販売台数の半数以上が電動化車両になると見込んでいる。

日産が高級車においても電動化シフトの動きを強化する方針を示したことに対して、競合各社が今後どのような対応を示していくかが注目される。

LIMO編集部

ニュースレター

PR

LIMO編集部

LIMO編集部は、国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーを中心に構成されています。金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。