東京に慣れてしまった大阪人が地元に戻ったときにありがちなこと

東京に住んで時間が経ち「いつの間にかこの街にも慣れたな…」という思いを抱く関西出身者もいるでしょう。実際のところ、東京に慣れてしまった人が大阪に帰省した際、地元でついやってしまうことや、驚いてしまうことがあるようです。

エスカレーターでつい左に立って流れを止めてしまう

新大阪駅についた段階では東京から着く人が多いからか、エスカレーターで立つ位置も左のままのことがよくあります。ただ、在来線ホームに降りるエスカレーターからは立ち位置は「右」に変化。気づかず左に立ったままで周囲との違和感から「おっと違った」と慌てて移動する人もいるようです。

続きを読む

「大阪に戻ってきたなあと感じると同時に、つい東京の癖が出るのが悔しい。使い分けられると思っていたのに」

大阪の街を行きかう人の声が大きすぎてビクッとする

「阪急梅田駅の近くを歩いていたら、いきなり真後ろで『お父ちゃんはな~!』と大声で叫ばれて飛び上がった。誰に言っているのかとと振り返ったら、後ろを歩いていた家族連れの単なる会話だった」

「電車の中で、個人情報ダダ漏れの会話を大声でしているのを聞くと、ああ、大阪に帰ってきたなあと感じる」

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。