慶應大生が就職する意外な人気企業や産業とは?

テクノロジーが変える産業構造に大学はどう対応するのか

日本を代表する人気の私立大学・慶應義塾大学。「慶應大卒」の学歴や「三田会」で知られる卒業生のネットワークを手にするため、大学入試のみならず、慶應幼稚舎の入試も激戦であることは有名です。では、慶應大の卒業生はどのような産業、企業に多く就職しているのでしょうか。また、その産業の将来性はどうなのでしょうか。

はじめに

慶應義塾大学のホームページに掲載されている就職・進路関係のデータのうち「上位就職先企業」から、2016年度の就職先企業についてみてみましょう。以下は2017年4月30日現在のもので、原則として本人からの届出に基づいた内容となっています。この卒業生の中には2016年9月卒業者も含まれています。

続きを読む

また、全学部(文学部、経済学部、商学部、法学部法律学科、法学部政治学科、理工学部、総合政策学部、環境情報学部、医学部、薬学部、看護医療学部)で3名以上が就職する企業の上位20位がユニバースとなっています。2016年度の全学部の就職者数は4,562名で、うち1,864名は女子です。

就職者数は約4,500人ですが、学部で見るとどの学部が多いのでしょうか。開示されているデータでは、法学部を法律学科と政治学科で分けていますが、この2つをあわせて法学部とすると、もっとも多いのは経済学部の1,021人、次いで多いのが法学部の939人、3番目が商学部の855人となっています。この3学部で就職者数の62%を占めています。

  • 世界時同時に株価暴落中!いまこそ口座開設で株を買う準備を

全学部で就職者数が多い企業とは

では、全学部でもっとも就職者数が多い企業はといえば、2016年度は「みずほフィナンシャルグループ」で141人(うち女子は49人)でした。みずほフィナンシャルグループは経済学部、法学部法律学科、商学部、環境情報学部で就職者数がナンバーワンとなっており、人気の就職先だといえます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。