トヨタ、全固体電池搭載の電気自動車で一気に後れを取り戻すか?

日本メーカーはEV、PHVの世界的拡大への対応が急務

エネルギーの問題は電池の開発によって相当部分が解決されると言われます。水力、風力、太陽光発電による電力を大容量蓄電できれば、化石エネルギーを節約し地球温暖化に歯止めをかけることもできるでしょう。

鉛電池→ニッケル水素電池→リチウムイオン電池と進んできた大容量の電池開発は、今後全固体電池、金属空気電池へと進んでいくようです。全固体電池は2020年代での実用化が期待され、金属空気電池は2030年代での実用化が見込まれています。

全固体電池ではトヨタ自動車が東京工業大学と、日立造船(7004)や三菱ガス化学(4182)なども東北大学と共同開発。また、ソニー(6758)の電池事業を買収した村田製作所(6981)も開発中のようです。さらに、富士通(6702)傘下のFDK(6955)の電極開発も注目されます。

石原 耕一

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
石原 耕一

早稲田大学法学部卒。ペンシルバニア大学ウォートン校AMP修了。大学卒業後、和光証券(現 みずほ証券)に入社。その後、リーマンブラザーズ証券、UBS証券、みずほ証券等でアナリストとして40年以上株式市場で調査活動に従事。特に化学セクターでは20年以上の調査経験を持つ。