良品計画が急騰で高値更新、日経平均は薄商いの中で続伸

【東京株式市場】2017年5月22日

株式市場の振り返り-日経平均株価は続伸、“閑散に売りなし”の典型例に

2017年5月22日(月)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 19,678円(+87円、+0.5%) 続伸
  • TOPIX 1,567.6(+7.9、+0.5%) 続伸
  • 東証マザーズ総合指数 1,073.7(+16.2、+1.5%) 大幅続伸

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,354、値下がり銘柄数:531、変わらず:131
  • 値上がり業種数:30、値下がり業種数:3
  • 年初来高値更新銘柄数:153、年初来安値更新銘柄数:20

東証1部の出来高は14億6,741万株、売買代金は1兆9,224億円(概算)となり、いずれも先週末より大幅減少となりました。週末の北朝鮮リスクの再燃、および米国での政治リスクの継続などから、一気に模様眺めムードに突入した結果、久々の閑散相場となりました。

続きを読む

出来高は4月17日以来の低水準であり、売買代金は4月18日以来となる2兆円割れとなっています。

そのような中、日経平均株価は寄り付きから高く推移し、前場の序盤には一時+132円高になる場面が見られ、19,700円台を回復しました。しかし、その後は上値が重くなり、一時は+28円高まで上げ幅を縮小します。後場は一転して膠着状態となり、徐々に値を上げて引けましたが、19,700円回復はなりませんでした。

なお、TOPIXも同じような値動きとなっています。

  • 世界時同時に株価暴落中!いまこそ口座開設で株を買う準備を

東証マザーズ総合指数は大幅続伸、売買代金は再び1,000億円割れへ

東証マザーズの出来高は6,683万株、売買代金897億円となり、いずれも先週末より大幅減少となりました。大型株市場同様に、一気に模様眺めムードが強まった結果、売買代金も再び1,000億円を割り込んでいます。

ただ、好決算銘柄を中心に下値を拾う動きが出ており、総合指数は大幅続伸となりました。本格的な資金流入とはなっていませんが、一応、これで1,100ポイントへトライする体制が整いつつあるようです。

花王が6連騰で連日の年初来高値更新、ソフトバンクGも大幅高に

個別銘柄では、花王(4452)が怒涛の6連騰で年初来高値を更新し、急騰した資生堂(4911)も同じく高値更新となりました。また、ソフトバンクグループ(9984)が大幅高となり、トレンドマイクロ(4704)も大きく値を上げて引けています。

その他では、コマツ(6301)や日立建機(6305)など建機株が大幅高となり、良品計画(7453)が急騰して高値を付けたのが目を引きました。

一方、連日の高値更新が続いた東京エレクトロン(8035)が小幅反落となり、アドバンテスト(6857)も大きく値を下げました。また、日産自動車(7201)が小幅下落となり、ファーストリテイリング(9983)もわずかに値を下げて引けています。

新興市場では、ユーザベース(3966)が値を飛ばしてストップ高となり、サイバーステップ(3810)やドリコム(3793)も値を飛ばして高値を付けました。一方、串カツ田中(3547)は取引時間中に年初来高値を更新しましたが、その後は利益確定売りに押されて下落して引けています。

青山 諭志

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。